充電操作ができなくなった旧式V2H(1580R)の修理をニチコンに依頼してみた。

Pocket

意外とすぐに壊れてた

2020年5月に中古を入手して

旧モデルのEVパワーステーション(V2H)を入手したので取り付けてみた。

8月にエラー 90 本体に問題が発生しましたで

充電機能がぶっこわれていた

【V2H】ZHTP1580R死す。基板の故障で充電不可に。

V2H(ZHTP1580R)ですが

 

AZE0リーフのバッテリ保証を使えて

ZE1に乗り換えたことにより

バッテリーいたわりのためにも

修理をしてみることに。

 

見えない液晶は

エラーコードが変わっていないかを確認しようと

よくよくモニタをみると

白ボケしてほとんど文字が読めない。

 

取り外して表のアクリルを外してみると 白ボケしていたのはアクリル板だけだったようで

 

とりえずジップロックを切り出して貼り付けてアルミテープで張り付けてみたところ

それっぽい感じに。

 

コネクタロック後 充電開始してみると やはりというかなんというか

エラーは90

 

 

ニチコンに連絡

業者に依頼して取り付けていたわけではないので

お客様相談室にTEL

 

ニチコン株式会社 お客様相談室

0120-215-023

 

受付時間:9:00~17:00
月曜日~金曜日(土、日、祝日、休業日は除く)

https://www.nichicon.co.jp/products/v2h/service/repair/

しばらく混雑でつながらなかったもののしばらく粘ってオペレータにつながり

事情説明。

 

 

担当から折り返し連絡しますとのことで

夕方 技術者っぽい人からTELがあり

再度状況を説明して

 

「見積もりをお送りします。」

 

とのことで見積もを待っていると翌日TELとともにPDFで見積もりが

 

 

部品代 約25000円

作業代 約20000円

出張費 約15000円

 

の6万円ちょっとのお見積りが。

 

故障した段階で調べていた金額そのままだったので値上がりしていないことにそれなりの驚きもありつつ修理を依頼。

 

 

ニチコンの外注先の修理担当の業者の方から連絡があり

「ニチコンから交換部品がとどけばお伺いできますが以下略」

の電話があり施工できるタイミングの時間を指定してきてもらうことに

 

 

 

 

 

作業

 

現状の設定・エラー状況を確認の上

 

エラー 90 W相左側 の充電ユニットの故障で確定。

 

 

適当な鉛バッテリに交換していることを指摘されつつも

修理はしていただけるとのこと。

 

 

交換したユニットはニチコンに返さないといけないらしく

検証用にもらうことはできませんでした。

 

各所防湿対策が増えているように見える。

 

交換後動作確認をして

 

充電できることを確認。

 

今回は左側のエラーだけでしたが

左側を交換すると次に右側のエラーがでることもあるらしく

ニチコンからは左右分セットで供給されるらしい。

 

 

作業している担当業者が少ないらしく関西中を走り回っているようで大変そうでした。

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください