V2Hシステムが補助金申請期限までに納入間に合わない可能性が出始める。

Pocket


補助金があっても使えないものになる恐れが出始めました。

7月22日に一般社団法人次世代自動車振興センター が

「V2H、納期伸びてるらしいけど期限は延長しないからそこのところよろしく」

【重要】V2H 充放電設備の補助金交付申請について(PDF)

というリリースを出していましたが

 

Nichicon側のページに1月31日までの納入、間に合わないかもねという告知が

EVパワー・ステーション納入に関する重要なお知らせ

EVパワー・ステーションは、現在非常に多くのご注文をいただいております。
そのような環境の中、新型コロナウイルス影響による世界的な資材不足により部材供給問題が発生し、
生産台数に大きな影響が出ております。お客さまへの影響を最小限に留めるよう部材メーカー様との
交渉含め対策を講じておりますが影響が避けられない状況となりました。
販売店様・施工業者様には8月22日(月)以降に供給台数について通知させていただきますので、
お客さまにおかれましては、販売店様・施工業者様に納期のご確認をお願い申し上げます。
また、新規のご商談及び、ご商談中の商品の一部につきましても、2023年2月以降の納入となります。
多大なるご迷惑をおかけいたします事、深くお詫び申し上げます。

情報源: EVパワー・ステーション | 系統連系型V2Hシステム| ニチコン株式会社

 

個人向けのV2HではニチコンのOEMであるデンソーかニチコンの二択になっている今、

ニチコンがまにあわないと言い出している以上、デンソー製品でも同じ状況になってしまうことが考えられ

一部では受注停止となっているという話も。

 

 

 

 

補助金なしだとわりかし高いということが根底にあるものの

三菱が撤退してニチコン以外のメーカーの個人向けV2H機器がほぼなくなった今、

早くSHARPさんEVコンバータ発売してください。という願い。

蓄電池連携型パワーコンディショナ|JH-40NF2/JH-WD2111|シャープ
https://jp.sharp/sunvista/products/power_conditioner/40nf2/

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください