200V動力系統用に「エコパワーメータ・KW8M」を導入してみた。

200V動力系統用に「エコパワーメータ・KW8M」を導入してみた。

サーバ置き場用に エコパワーメータを増設

エコパワーメーターが安かったので 導入してみた

 

KW1MやKW7MのモデルでRS-485でリンクを行い

Windowsから値を拾っていたエコパワーメーターですが

 

動力系統も値をとりたいなぁという発想のもとヤフオクを眺めていると

KW8Mというつよそうなモデルを発見
KW8Mエコパワーメータ | 制御機器 | 電子デバイス・産業用機器 | Panasonic

定価としては35000円。

 

KW7Mなどと異なり

パルス出力だけでなく パルス入力に対応しており

WHMなどからの入力でパルスカウンタとして使用が可能。

 

対応計測項目

計測項目 単位 データ範囲
積算電力量 有効 kWh 0.00~9999999.9
無効 kvarh 0.00~9999999.9
皮相 kVAh 0.00~9999999.9
瞬時電力 有効 kW 0.00~9999999.99
無効 kvar -99999.99~0.00~999999.99
皮相 kVA 0.00~9999999.99
電流 CT1相電流 A 0.0~6000
CT2相電流 A 0.0~6000
CT3相電流 A 0.0~6000
電圧 P1-P0間電圧 V 0.0~9999
P2-P0間電圧 V 0.0~9999
P3-P0間電圧 V 0.0~9999
電気料金 ※1 0.0~99999999
力率 本体表示 0.00~1.00(進み:LEAD、遅れ:LAGの識別あり)
通信 -0.99~0.00~1.00(ただし、位相角θ=-90~0~ +90°の範囲内)
周波数 Hz 47.5~63.0
アワーメータ ON時間 時間 0.0~99999.9
OFF時間
パルスカウンタ 0~99999999(プリスケール1.000の場合) ※2

 

取り付け

表面取り付け用なデバイスとなるため

取り付けのためのステイもしくは分電盤内での奥行きが必要となる。

 

RS-485

既存のRS-485網がある場合、素直に同じ設定を入力し、局番設定を競合しない状態に設定すれば値の取得が可能。

 

 

ただどうもアプリの作り込みがだめなのか

パルスカウンタの値が表示できない雰囲気。

 

 

電源

400V級でもトランスレスで接続可能となっていますが

低圧受電環境に 400Vはありえないのであまり意味はない。

 

 

エアコンに送っているブレーカーに友がまし

主幹にCTを装着。

 

うごいた。

モニター