関西電力、10月分の燃料調整費が7円台に

Pocket

従量電灯や低圧電力の「電気特定小売供給約款、選択約款」の場合は当の昔に上限に達して値上がりしなくなっていますが

それ以外のプランの場合 7.47円/Kwhと7円を超える燃料調整費がかかるように。

 

いつまでこの規制料金になるのかがわかりませんが

一度変更すると戻せないプランを契約しているユーザからすると

従量電灯にもどすかどうか悩むところ。

 

 

燃料費調整単価

燃料費調整単価 2022年10月分
2022年10月分 2022年9月分 との差

使用電力量1kWh当たり
種別 2022/10 2022/9 差額
低圧

電気特定小売供給約款、
選択約款を適用している場合

+2.24円 +2.24円 0
電気供給条件(低圧)を適用している場合 +7.47円 +6.14円 +1.33円
高圧供給 +7.16円 +5.88円 +1.28円
特別高圧供給 +7.7円 +5.80円 +1.27円

2022年10月分電気料金の燃料費調整
(PDF)

電気特定小売供給約款、選択約款 は従量電灯・低圧電力などの基本的な契約プラン

電気供給条件(低圧)は 時間帯別電灯など標準ではないプラン

 

Pocket

おすすめ

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください