ブレーキの壊れたリーフ。「時間の経過で治った」の巻

Pocket

電子制御の恐ろしさ

電動型制御ブレーキユニットに異常が発生してまともに止まれなくなったリーフ

 

 

OBDを接続して状況を確認し

ブレーキと通信できないため

あきらめて 適合が謎なものをヤフオクでぽちっと!!

 

届いたものを交換するかぁと作業を始めたところ????

 

 

 

ブレーキの挙動が変わる

ブレーキオイルが残ったまま取り外せないのでブレーキオイルを抜くために

ONにしたまま前輪ブレーキのブリーダプラグを緩めオイルを抜いていると

オイルがなくなるかどうかのタイミングで

 

警告灯の様子とブレーキの挙動が変わる。

 

(踏み込んだ後の異音が消えた)

 

 

なんだこれ???

 

とテスターを接続すると「ブレーキ」のECUとの通信ができるようになっている。

 

 

EV・ABS・ブレーキにCANの通信エラーが出ていたので

順番に消していくとブレーキだけ残る。

 

 

日産の整備要綱にブレーキの自己診断が存在するため試してみる。

 

 

パワースイッチをOFF→ON→OFF(5秒以上)→ON→OFF

ドアを閉めてルームランプ消灯を確認後3分以上待機

ONにしてブレーキを踏み込んで5秒以上待機

 

この時点で警告系が消える。

 

 

ブレーキオイルを抜いてしまっているので

エア抜きだけ行い何事もなかったかのように復活。

 

 

何も変えずに治ってしまっているので怖いものもありますが

とりあえず100kmほど走行して特に再発している様子もないので

 

条件がかさなるとブレーキ内部のなにかが保護で止まると考えるのがよさそう。

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください