Twitter、やっぱりサードパーティアプリ開発者と和解する気はなかった、

Twitter、やっぱりサードパーティアプリ開発者と和解する気はなかった、

New developer requirements to protect our platform

UserStreamだけの話ではなく、APIすべてが切り替わるような話になってることに今更気づく主、
Wordpressからの更新通知だけで使用してるダミーアプリあたりもダメになるやつじゃんと焦り始める。

開発者審査

アプリ作ってAPI使うにも審査がされるようです。

糞運営による審査にどれだけ意味があるのか。

今日から、TwitterのAPIにアクセスしたい人は、developer.twitter.comの新しい開発者ポータルを使って開発者アカウントを申請する必要があります。アプリケーションが承認されると、developer.twitter.comで新しいアプリを作成し、既存のアプリを管理することができます。既存のアプリもapps.twitter.comで管理することができます。

 

また審査が通ったとしてもAPIが呼べる回数に

クライアントを作成するには無理のある数に制限

各エンドポイントの新しいデフォルト制限が以下に概説されており、これらのアクションの既存のユーザーレベルのレート制限に加えて適用されます。デフォルトでは、すべてのユーザーに適用されるアプリは次のものに限定されます:

– ツイートとリッツ(組み合わせ):3時間あたり300 
– 好き:24時間あたり1000 
– フォロー:24時間ごとに1000 
– 直接メッセージ:24時間あたり15,000

 

さて・・・ 本気でTwitterではないどこかへ行く用意をしていかないといけないようですね。