電力の計測もできるスマートスイッチ「Sonoff POW R2」を試す。

電力の計測もできるスマートスイッチ「Sonoff POW R2」を試す。

スマートスイッチ+電力量管理

2100円。

 

AmazonEcho対応となっているものの

日本リージョンからは対応スキルを発見できず。

Aliexpressの紹介を見ると電流の測定はシャント抵抗を用いている様子。
Aliexpress.com – Online Shopping for Electronics, Fashion, Home & Garden, Toys & Sports, Automobiles and more

直輸入したほうが少し安いですが
不良品が来た時のリスクを考えると、プライムで買っておいたほうがいいかも。

仕様

Specification for Sonoff Pow R2
Voltage range: 90-250V AC
Max current: 16A
Max Power: 3500W
Product Dimensions: 114*52*32mm
Color: White
Wireless Frequency: 802.11 b/g/n
Security Mechanism: WPA-PSK/WPA2-PSK
Enclosure Material: Fire-retardant ABS V0
Operating Temperature: 0ºC-40ºC(32°F-104°F)
Operating Humidity: 5%-90%RH, Non-condensing
Weight:91.0g

 

設置

 

コネクタの並び順がやらしく

LEELNN

となっています。

負荷側+/アース/アース/電源+/電源・負荷-(接地側)

アースと-側には電源負荷の扱いはなし。

 

16Aが想定されているのに

2㎜のIVを差し込もうとすると本体カバーを閉めることができない謎。

 

アプリからセットアップ。

 

電源投入後、ボタンの長押しでペアリング状態

 

アプリの「ペアイング中」というのがバージョン上がっても修正されない

 

 

電源を入り切りしたいタイミングで

時刻を設定。

 

監視できる負荷。

電圧は少し低めに出る。

 

 

タイマーが使えて、消費量が見えて、手動でONにもできる

実消費電力が15A以下の電気自動車の充電管理に使うにはすごく便利な予感。