【SUZUKI】天候の影響を理由に既定の計測法ではなく、机上計算で燃費測定を行っていたことを明らかに。

【SUZUKI】天候の影響を理由に既定の計測法ではなく、机上計算で燃費測定を行っていたことを明らかに。

国土交通省が各メーカーに
18日までに求めていた燃費試験の実態調査の結果

国土交通省の定める規定と一部異なる方法を用いていたことを明らかにした。

 

 

実際に測定したデータではなく、机上計算のデータを用い燃費計算をおこなっていたが

追加で測定し、現在の申請値で誤差の範囲内であると公表している。

 

 

スズキ株式会社 企業ニュース 2016年5月18日 国土交通省への報告内容について

現在販売している16車種について走行抵抗の測定状況を確認したところ、申請時には、惰行法により実測したデータではなく、惰行法実測値と比較し妥当性をみた上で、タイヤ、ブレーキ、トランスミッションなどの装置毎の転がり抵抗の実測値や風洞試験装置での空気抵抗の実測値を積み上げた走行抵抗値を使用していたことが判明いたしました。

 

対象車種16車種

<軽四輪車>

  • アルト(2014年12月22日発売)、アルト ラパン(2015年6月3日発売)
  • ワゴンR(2012年9月19日発売)、ハスラー(2014年1月8日発売)
  • スペーシア(2013年3月15日発売)、エブリイ(2015年2月18日発売)
  • キャリイ(2013年9月20日発売)、ジムニー(2010年JC08対応)

<登録車>

  • ソリオ(2015年8月26日発売)、イグニス(2016年2月18日発売)
  • バレーノ(2016年3月9日発売)、SX4 S-CROSS(2015年2月19日発売)
  • スイフト(2010年9月18日発売)、エスクード2.4(2012年JC08対応
  • エスクード(2015年10月15日発売)、ジムニーシエラ(2010年JC08対応)

 

燃費への影響は小さくとも

株価への影響は大きく、年初来安値を更新している。

b34f47a1bd825c98b4f1caabe6bda32c