6Kw充電器のフルの性能を出すべく配線・ブレーカを交換

Pocket

6KW

 

30Kwhのリーフでは本気を出せないことがわかっていた

6Kwチャージャー

 

32A(6Kw)充電向けの充電器を輸入してみた。旧型3Kwリーフでの充電速度は?

使用している充電器は以下の製品ですが

7/24現在日本に発送できないようです。

Morec ev充電器レベル2 32アンプ7.2KWポータブル電気自動車充電nema 14 50 220v 240v 21ft (6メートル) ケーブルJ1772ホルダー|Chargers & Service Equipment| – AliExpress

 

 

さくっと他を検索するともっと安価なものもありました
ポータブルev車の充電器タイプ1 J1772レベル2 32A 1相7.2KW evse調整可能な電流電気自動車の充電器家庭用5メートル| | – AliExpress

 

許容電流=常用可能最大電流ではない

許容電流だけで32A使うことを考えると

VVR 5.5sqでOkな範囲になるわけですが

 

実際 VVR5.5sqで30A流すと電圧降下とケーブルの発熱が結構なものになるので実用的ではありません。

 

VVR許容電流

5.5sq - 2C  33A

8sq - 2C   42A

14sq - 2C   60A

 

CV許容電流

5.5sq - 2C  52A

8sq - 2C   65A

14sq - 2C  91A

 

CVT(D)許容電流

8sq - 62A

14sq - 86A

 

 

余っていたCV8-4Cで

もともと充電回路用にCV5.5-3Cを使用していましたが

17Aでもほのかに温まっていたので

8sqに入れ替えることに。

 

 

パナソニックのELSEEV hekia Sの施工要領的には線材の指定はないものの 8sqの使用が推奨されている

DNHA326 品番詳細 – Vカタ/VAソリューションカタログ – Panasonic

 

もともとつけていた30Aのブレーカを撤去し

 

 

転がっていた40Aのブレーカに交換

15mAのELBが推奨されるところですがまぁいいでしょう

 

 

 

屋外側。

 

もともとのプラグはNEMA14-50でしたが

でかい+抜くことがないのでハードワイヤ接続に変更しています。

 

充電時間の制御は タイマーユニットで。


詳細は以下

【リーフ】タイマー充電と使用量を把握できそうなデバイスを入手、設置してみた。

 

実電流

 

Sonoffで確認すると30.77A 6350W

 

Aiseg2側で拾われてる値も6.3Kw程度。

 

それでも夜間電力時間帯 23-7 の8時間だと

8×6.3で 50Kwhが車両に供給できる最大となりそう。

 

 

 

夜間電力 15.7円/Kwh 再エネ 3.45円/Kwh 燃料調整 4.9円/Kwh(8月分)

で計算すると 24.05円/Kwh

 

最大出力で 1晩充電した場合 最大1200円程度に

 

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください