「Looopでんき」12月から新料金プランへの強制移行へ

Pocket

市場連動型のものに燃料調整費を変更したLooopですが

ついに市場価格連動型の料金プランのみに変更を行うようです。

 

情報源: 「【重要】「Looopでんき」新料金プランへの移行に関するお知らせ」|Looopでんき公式サイト

スマートタイムONE

従来のLooopでんきは、「基本料金0円+従量料金単価固定」でしたが、
スマートタイムONEは30分毎に変動する料金単価に基づくプランで、
基本料金は引き続き0円です。

スマートタイムONE | Looopでんきの市場連動型プラン

 

ダイレクトパワーなどと同じく

市場連動単価+託送費+サービス料+再生可能エネルギー発電促進金での料金体系に移行する。

移行対象となるプランはLooopでんきのほぼすべてのプラン。

おうちプラン、ビジネスプラン、動力プラン、再エネどんどん割S、再エネどんどん割L、スマートタイムプラン、BizプランS、BizプランL、低圧電力、マイニングフラット、ベース電灯プランS、ベース電灯プランL 、おうちプラン(コンサドーレ還元コース)、おうちプラン(コンサドーレ還元コース ビジネスプラン相当)、おうちプラン(EZOCAコース)、おうちプラン(EZOCAコース ビジネスプラン相当)
※ みその再エネでんき、未来発電は対象外です。

単価の割引については 11月30日以降申し込みを終了するもののそれまでに加入していた場合、割引は継続される。

 

固定従量料金はエリアごとに異なっており価格は以下の通り。

北海道電力管内 15.41円/Kwh
東北電力管内 16.04円/Kwh
東京電力管内 15.11円/Kwh
中部電力管内 15.60円/Kwh
北陸電力管内 14.05円/Kwh
関西電力管内 14.15円/Kwh
中国電力管内 14.68円/Kwh
四国電力管内 15.08円/Kwh
九州電力管内 14.82円/Kwh
沖縄電力管内 16.66円/Kwh

この価格にプラスしてJPEXの当日当時間帯の単価がプラスされる。

 

15円/Kwh前後で推移することの多いここ数日で考えると 30円/Kwh程度になるため

17時前後の価格がピークになりやすい時間帯を蓄電池などで逃がせる場合

基本料金もかからないためありなのかもしれない。

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください