Gigabit対応のPoEスプリッタ「TL-POE10R」を試す

Pocket

GiGaPoE

TP-LINKの無線LANルーターはいろいろ怪しい感のネタが多いですが
IPアドレスを持たないスプリッタであればもんだいないかなぁというお試し

・802.3af対応

・ギガビット

・出力電圧選択可能

というのが主な売り

 

AmazonでもPaypayモールでも3000円程度


メーカーダイレクト PoE スプリッタ TP-Link TL-POE10R ギガビット サポート 3年保証 TP-Link公式ダイレクト – 通販 – PayPayモール

 

 

対応出力は スイッチでの切り替え式で

12VDC 1A,

9VDC 1A,

5VDC 2A

の3択

両端が 「外形5.5mm 内径2.1mm」のDCコネクタが付属しており

そのまま刺さるデバイスであればつかえるものの

それ以外は変換コネクタなどが必要。

 

5.5/2.1mmコネクタからであればマルチ変換セットを買うとだいたいどうにかなる

 

電圧が割と簡単に変えられてしまうので5Vの機器に使用する場合

触れれないようにしておかないと何かの拍子に切り替わったら惨事・・・

 

 

また付属しているLANケーブルは カテゴリー表記がないものの

カテ5ぽさのあるうえにめちゃくちゃ長いので

DCケーブルと同じ30cmぐらいのCat5eなケーブルを別途用意したほうが

 

SoftBank Airターミナル4につなぐ

定格は12V2Aで最大24W表記でしたが

そんな消費している雰囲気はなかったので

コネクタだけ変換して接続。

 

 

PoEハブのstatusを眺めると

クラス 3

消費電力 5100mw(5.1W)

と割と余裕。

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください