Switchbot温度計の値をZabbixで眺めたいとおもったら、SwitchbotAPIがお手軽すぎた。 | satoweb-blog

Switchbot温度計の値をZabbixで眺めたいとおもったら、SwitchbotAPIがお手軽すぎた。

Pocket

APIあるとらくちん

サクッとググると先駆者さんがいたのでそれを見つつ。

Philips Hue モーションセンサーに隠された温度計と、SwitchBot APIからのSwitchBot温湿度計のデータをZabbixに入れる – Qiita
https://qiita.com/yo1t/items/e58adc328878ae0ca7ac

 

 

SwitchbotAPIドキュメント

GitHub – OpenWonderLabs/SwitchBotAPI: SwitchBot API Documents

 

 

 

 

APIをたたくためのキーを取得する

 

スマートフォンアプリ内の「プロフィール」→「設定」

アプリバージョン を 10連打

開発者向けオプションがこんにちわするので開くと

トークンが取得できる。

 

トークンを取得して どこかに保管。

 

 

API

Host Domain

https://api.switch-bot.com




デバイスIDを調べる

curl -H “Authorization:さっき取得したトークン” -X GET “https://api.switch-bot.com/v1.0/devices” | jq

必要なMeterのdeviceIdをメモっておく。

curl -H “Authorization:トークン” -X GET “https://api.switch-bot.com/v1.0/devices/デバイスID/status” | jq

欲しい温度計の値が帰ってきてるかを眺める。

 

 

先駆者さんのを眺めつつ zabbixのコンフィグにUserparameterを追加。

/etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

#user Switchbot
UserParameter=switchbot.api[*],curl -H “トークン” -X GET -s “https://api.switch-bot.com/v1.0/devices/$2/status” | jq ‘.body.$1’

 

ZabbixAgentを再起動して

適当なホストにアイテムを追加。

 

 

温度   【switchbot.api[temperature,デバイスID]】

湿度   【switchbot.api[humidity,デバイスID]】

データ型を

湿度は 整数でいいものの

室温は 浮動小数に

 

あとはよしなにグラフを作成。

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください