22銭で始まった再生可能エネルギー発電促進賦課金も2021年度はついに3.36円/Kwhに | satoweb-blog

22銭で始まった再生可能エネルギー発電促進賦課金も2021年度はついに3.36円/Kwhに

Pocket

再生可能エネルギー発電促進賦課金単価

再生可能エネルギー発電促進賦課金単価のお知らせについて|お知らせ・更新情報|企業情報|関西電力
https://www.kepco.co.jp/corporate/notice/20210325_1.html

令和3年度 3.36円/Kwh

 今回決定された2021年5月分から2022年4月分の電気料金に適用される再生可能エネルギー発電促進賦課金単価※2は、1kWhあたり3円36銭で、従量電灯Aの平均的なモデル※3の再生可能エネルギー発電促進賦課金にかかるお支払額は、1ヶ月あたり873円となります。

 

 

過去の金額

令和2年度 2.98円/Kwh

令和元年度 2.95円/Kwh

平成30年度 2.90円/Kwh

平成29年度 2.64円/Kwh

平成28年度 2.25円/Kwh

平成27年度 1.58円/Kwh

平成26年度 75銭/Kwh

平成25年度 35銭/Kwh

平成24年度 22銭/Kwh

再生可能エネルギー発電促進賦課金|電気|関西電力 個人のお客さま
https://kepco.jp/ryokin/kaitori/re_energy1/

 

2円台後半で推移していましたがついに3円を突破。

たいした負担なく再生可能エネルギーの普及を~とかいいつつ始まったこの制度も

非売電側の負担だけがどんどんふえている。

 

 

もっと太陽光なりで自家発電するしかない。

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください