3相200V(動力)開通から3か月分の請求がでてきたので、お得になっているのかを考える。

3相200V(動力)開通から3か月分の請求がでてきたので、お得になっているのかを考える。

8月中旬に受電できた

低圧電力。

 

 

3回分の明細が出そろったので公開!

明細

 

 

料金単価

低圧電力

単位 料金単価
基本料金 1kW 1,058.40
電力量
料 金
夏季 1kWh 14.82
その他季 13.37

 

従量電灯A

単位 料金単価
最低料金(最初の15kWhまで) 1契約 327.65
電力量
料 金
15kWhをこえ
120kWhまで
第1段階 1kWh 19.76
120kWhをこえ
300kWhまで
第2段階 26.19
300kWh超過分 第3段階 29.94

 

従量電灯Aは使用量がすくなければ

それなりに安い単価ではありますが

120Kwを超えたとたんに暴力的な単価になります。

 

電灯第三段料金と動力その他季料金では

同じ1kwhの電力量でも16円も単価が異なるというのは暴力的な感じもします。

 

再生可能エネルギー発電促進賦課金

菅政権時代に誕生したいちばんウットオシイやつです。

 

ソーラーを支えるために電力単価の1割以上を払うことになっています。

平成29年5月分~平成30年4月分
低圧供給
高圧供給
特別高圧供給
2.64円/kWh

再生可能エネルギー発電促進賦課金|関西電力 個人のお客さま

 

実績

サーバルームの空調のみで値を取得しているのでそれで比較してみます。

昨年度実績

使用量 電気代相当額
 9月分 413.86 ¥10,760
 10月分 394 ¥10,244
 11月分 333.6 ¥8,674
(はぴeタイム 夏季 ディタイム 35.4円)

時間帯によって単価が異なるため、計算が難しいところではありますが

一番高い単価で換算すると10000円を優に超えていた様子。

 

今年度実績

9月分 10月分 11月分
使用量 282Kwh 354kwh 208kwh
 夏季料金 4179円 5201.82円 0円
その他期料金 0円 40.11円 2780円
燃料調整費 50.76 70.80円 24.96円
 再エネ促進 744円 934円 549円
請求額 5,720円 7252円 4360円

 

使わないとそれだけ割高に。

電力単価は安いものの

基本料金が高めに設定されているため

1Kwhあたり10円違うとしても

1Kw契約あたり100Kwhは最低でも使用しないと割高ということになります。

 

電灯契約とはことなり、低圧電力の契約では基本的に申請した機器以外での使用は

契約違反となるためそれはそれでめんどくさいところ。

 

この安い単価の電力をもうすこしうまいこと使う手段がないものか悩むところ