Twitterが数か月中の大幅な文字数カウントの仕様変更を告知。公式画像URLやメンション時のIDを文字数カウントせずへ

NO IMAGE

APIでいままでいろいろなアプリを作ってくれていた
クライアント作者をまた蹴落とす作業にTwitterが向かっていくようです。

ざっくっと読んた感じでは
APIの内容も変更されるため
クライアント作者様が対応し更新しない場合、
仕様変更以降はそのクライアントは正常に利用できなくなる可能性が高い、
(1つのTweetが3つの情報に分かれるようになる)

API呼び出し数変更などは告知されていない

 


 

今回の変更予定は、

メンション作成時に 入力する@配下の文字列が 文字としてカウントされないようになる。
(ただしin reply toをして処理されている 頭の1件のみで 
IDカウントされないどころか表示もされなくなる
またin_reply_toがついていない または 2件目以降のIDはカウントされる、)
 

あえてメンションにしないように

@を送るもしくは不特定多数が見れるようにメンションを送るために使われている

[.@]の文法が無意味に。

 
投稿画像/投票等のURL(24文字)を文字数としてカウントされないように
(ただし公式提供されているコンテンツ(画像/動画/投票/DMへのLINKに限る)
 

自分のTweetもRT可能に

返信:誰かのツイートへの返信の際、ツイート冒頭に表示されていた@ユーザー名が文字数としてカウントされなくなります。よって、140文字すべてを自由に使ってメッセージを伝えられるようになります。

 
添付:写真、GIF画像、動画、投票、引用ツイート分なども140文字の中に含まれなくなるので、そのぶんテキストを入れられるようになります。

 

自分のツイートのリツイートや引用:自分のツイートにもリツイートボタンを表示します。これで、自分のツイートのリツイートや引用も簡単に行えるようになります。

 

「. @ユーザー名」ツイート:誰かに宛てたツイートを他の人にも見て欲しい時、@ユーザー名の前に「.」を入れていらしたと思います。今後は「.」を入れる必要なく、@ユーザー名で始まるツイートは普通のツイートと同じように自分のフォロワーの方々に表示されるようになります。

今後の予定:140文字をより活用できるように | Twitter Blogs

 

 
リファレンスは公開されているものの 実装までに仕様が変更される可能性もあるという適当なニュアンスの模様。
開発者向け告知(英語)
Doing more with 140 characters | Twitter Blogs

Upcoming changes to Tweets | Twitter Developers