低圧契約で100Kw出力可能な「SuperRAPIDAS-SR」を試してきた。

Pocket

道の駅でもまともな充電器

100Kwスタンドのネタで検索していると

広島の新しくできた道の駅に JFEの新しい 100Kw急速充電器があるとこを発見したので ついでに眺めてきた。

道の駅 西条のん太の酒蔵 (東広島市) 電気自動車の充電器スタンド |EVsmart

7月15日開業、一般国道2号ぞいのPAと防災拠点を兼ねた道の駅となっている。

道の駅西条のん太の酒蔵について | 道の駅西条のん太の酒蔵 公式サイト
 

防災備蓄や非常用発電機・通信機器なども装備されている様子

 

 

 

SuperRAPIDAS-SR

仕様

制御盤+蓄電池盤+スタンド(Master+Slave)+BCP電源供給盤の5点構成

出力  50~450V 0~250A

スタンド1(Master) 最大100Kw

スタンド2(Slave) 最大50Kw

入力 56Kva

蓄電池容量 52.8Kwh

 

充電スタンドに1・2があり

番号にSが付いている側はケーブル自体も細く最大50Kwしかだせない

250A出力は 最大15分限定となる。

https://www.jfe-technos.co.jp/images/products/ev_charger/100kwSuperRAPIDAS-SR.pdf

100Kw出力可能表示。

 

2021年11月製

車両側の問題(バッテリ温度)

あっちゃこっちゃ寄った上でついたわけですが

バッテリ温度 41度からスタートしたところ あえなく120Aでスタート。

 

これはいい時期に再チャレンジしないといけなさそう。

 

 

 

ちなみにここも特例受電。

 

高圧は道の駅設備

真ん中が 急速充電器用

左はおそらく国管轄設備用

そもそも急速充電器向けの特例関係なしに

管轄が違えば2個以上で受電できてるやないかーーーー

というつっこみを毎度したくなるがそうは電力会社がゆるさないのであろう・・・

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください