JUNCTEKの電流・電圧ゲージにBT対応品が出ていたので試してみる。 - satoweb-blog

JUNCTEKの電流・電圧ゲージにBT対応品が出ていたので試してみる。

Pocket

JUNCTEK

100A $48.75

400A $53.78

600A $61.99

バッテリー付きホルメーター,バッテリー,Android携帯電話用,アプリケーションを削除する,温度制御,残りの容量検出|Battery Testers| – AliExpress
https://ja.aliexpress.com/item/1005003353321170.html?spm=a2g0s.12269583.0.0.47f57164RLirRw

注文から1週間そこそこで到着。

Aliで配送になるやつにしては早かった。

 

 

600A品はAmazon出品もあるっぽい

¥9999-(2021/12/29現在)

 

 

 

外観

モニターユニット シャント抵抗ユニット メインユニット

温度計 接続ケーブルの構成

 

 

BTのみで使う場合 モニターユニットなしでも使える

 

13.8Vをかけてみてテスト

13.3Vしか出てないので多少の校正が必要。

 

 

 

電源と計測電源を共用できるパターンとしないパターン対応で

以前のやつよりも2W時が高電圧に対応するようになっている。(10-120V)

 

 

BT接続

 

BLE接続のため電話の権限を要求される。

KG – Google Play のアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.juntek.vat

状況表示と最低限の設定が可能

 

 

 

従来のJUNTEKのメーターもシャント計測だったためほぼ配線を変更することなく

接続が可能

48Vでも2W対応になっているので外部リレー制御をしないのであれば

外部12V電源は不要に。

 

 

 

 

Vsnsに負荷プラス側

シャントユニットにマイナス側を接続で

Display-メインユニット間に付属のRJ-11ケーブルを使い接続すれば

移行完了。

 

 

謎の無線ではなく有線+BLEになったのでこれのほうが健全ではありそう。

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください