2021年冬、暖房コスト比較。暖房にかかるコストが一番安く済むのは何なのかを考える。 - satoweb-blog

2021年冬、暖房コスト比較。暖房にかかるコストが一番安く済むのは何なのかを考える。

Pocket

寒い・・・

お部屋が大変寒くなってまいりました。

 

暖房を使うのにどの熱源を使うと一番安いのかを比較してみる

 

 

前提条件

木造 雑断熱 アルミサッシ 単板ガラス

約12畳

 

都市ガス

ガス暖料金

OP:ガスコンロ2口+浴室暖房 -7%

12月分単価

冬期 C料金 基本料金 759.00
調整単位料金 171.41
D料金 基本料金 1,362.16
調整単位料金 141.25
E料金 基本料金 3,794.89
調整単位料金 92.60
F料金 基本料金 3,916.10
調整単位料金 91.39

 

参考

一般料金

契約種別 適用期間 料金表 料金区分 当月(11月) 翌月(12月)
一般料金 通年 A料金 基本料金 759.00 759.00
調整単位料金 167.68 170.44
B料金 基本料金 1,364.81 1,364.81
調整単位料金 137.39 140.15
C料金 基本料金 1,635.74 1,635.74
調整単位料金 131.97 134.73

 

 

電力

時間帯別電灯

2019年3月31日以降 新規には加入できないプラン。

 

料金単価

(税込、円)

単位 料金単価
基本料金 最初の10kWまで 1契約 1,210.00
10kWをこえる1kWにつき 1kW 396.00
電力量料金 昼間時間 最初90kWhまで 第1段階 1kWh 21.66
90kWhをこえ
230kWhまで
第2段階 27.95
230kWh超過分 第3段階 32.00
夜間時間 10.70

燃料調整費 0.79円/Kwh

再エネ   3.36円/Kwh

 

合計加算   4.15円/Kwh

 

 

値上がり

去年比でガスは 1㎥あたり 30円前後値上がりとなっています。

 

電気の燃料調整費

2020年12月 -1.17円/Kwh

2021年12月  0.79円/Kwh

 

約2円/Kwh

 

 

実消費量

電気

エアコン

機種

【DIY】中古で入手したエアコン(CS-X568C2)を取り付けてみた。

 

2018年モデルのエオリアXシリーズ

 

定格は暖房時 1.6Kwですが

 

緑線がリビングのエアコンを暖房で運転している様子。

24度設定で400~500Wで推移しています。

 

 

 

昼間 36.2円/Kwhベースで 500Wだと 18.1円/h

夜間 14.8円/Kwhベースで 500W    7.4円/h

 

コスト

18円/h or 7.4円/h

 

ガス

ガスファンヒーター

ノーリツ4Kwモデルの大阪ガス向けOEMモデル

GFH-4004S

 

 

ガスでKwとかいわれても何㎥使うかよくわからないので

1時間炊いてみる

室温17度から21度設定で1h

1508.220 一時間後 1508.560

 

差 0.34㎥

 

電気と違いガス暖料金の場合 使用量によって基本料金がめりめり上がる代わりに

単価が下がっていきます。

一般料金の場合  170.44円/㎥  57.9円/h

ガス暖  C  171.41円/㎥   58円/h

D  141.25円/㎥   48円/h

E   92.60円/㎥   31.4円/h

 

 

31.4円から7%安くなったところで 30円/h

 

結論

エアコンで暖房した場合 加湿器を使わないと乾燥するということを考えても

昼間ですら電気のほうが安いという結果になってしまった。

 

 

 

 

灯油も18Lで2000円近い単価であったり

することを考えると ヒートポンプの効率が悪くなる

外気温が氷点下にならない限りは エアコンで暖房しているほうがお安い

 

 

 

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください