2019年度以降のFIT制度買取価格・賦課金単価が公表され、 再生可能エネルギー賦課金がまた値上がりへ。

2019年度以降のFIT制度買取価格・賦課金単価が公表され、 再生可能エネルギー賦課金がまた値上がりへ。

経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)における2019年度以降の買取価格・賦課金単価等を決定しました。

 

ということで 来年度(5月以降)の太陽光買取価格と

再生可能エネルギー賦課金が発表されたわけですが

太陽光の買い取り価格は下がり
賦課金単価は上がるという悲しい結果に。

賦課金単価
2.90円/kWh ⇒ 2.95円/Kwh

モデル世帯(260Kwh/月)で
754円/月だったものが  767円/月と13円程度の負担増となる。

 

経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)における2019年度以降の買取価格・賦課金単価等を決定しました。

 

 

 

買取価格を踏まえて算定した結果、2019年度の賦課金単価は、1kWh当たり2.95円と決定しました。目安として一ヶ月の電力使用量が260kWhの需要家モデルの負担額を見ると年額9,204円、月額767円となります。
○なお、2019年度の賦課金単価は、2019年5月検針分の電気料金から2020年4月検針分の電気料金まで適用されます。

情報源: FIT制度における2019年度以降の買取価格・賦課金単価等を決定しました (METI/経済産業省)