SmartUPS RT5000を入手してみた(動作編)

SmartUPS RT5000を入手してみた(動作編)

SmartUPS RT5000を入手してみたの続き。

 

バッテリーの過放電で動かない雰囲気だった

 

RT5000

 

 

個別にバッテリを充電して電源投入を試してみました。

 

 

いざ充電して電源投入。

 

はいった!

 

初めはLED1個だったものの最終的には満充電に。

 

 

 

使えるようにする

電源の入力はL6-30

出力はL6-20/30とそのままでは入力出力共に何も刺せないので何とかする。

 

 

 

 

L6-30とL6-20サイズ比較。

ちなみに入力側のL6-30はこんな感じ。

 

あり合わせで在庫だったためなぜか防水コネクタですが

 

防水いらないのでゴム部分を排除!

すっきり!

 

 

実利用テスト

 

 

エンコードサーバにしているRX300S6で負荷をかけてみたところ

 

200W負荷で一時間かけてみても

2つLEDが残っている。

 

 

バッテリ自体はまだ生きているようです。

 

内部バッテリは一個5Ahと小容量なものの

16直列 192Vの電圧により

負荷電流が小さいためバッテリも効率的に使える模様。

 

 

これを安価に入手できたのはいい感じであった。