21IPのIPv6サービスが切られてしまったので eoのIPv6に乗り換えてみた話。

NO IMAGE

2012年8月までは IPv6を無償提供いたします!!とやっていた 21ipですが
IPv6取得 : 固定IPアドレス v6プラス ipv6プロバイダ レンタルDNS 21ip.jp

去年ぐらいからか

「IPv4のサービスを利用している場合のみIPv6を無償提供」に方針転換していたものの

過去から利用しているユーザーには 特に告知もなくそのまま利用できていたのですが

 

8月に入ったぐらいからIPv6のサービスが利用できなく

なっていたため  NTT→21IPと順をおって調べていたところ

21ipのサービスが解約されていることが発覚。

 

21ipへ問い合わせたところ

当方ではIPv6での日本国内サービス方式が定まっていない段階よりIPv6を複数の
手法で提供して参りました。本来、–様には個別に有料の御案内を申し上げる
必要があったのですが漏れていた可能性があります。その点について深くお詫び
を申し上げます。サイト上にはISPサービスの利用が必要な旨が記載されており
ます。

「昔からIPv6サービス提供しとってん
有料化したとき告知すんのわすれてたけど
今はWEBには書いてあるから
復活させたければIPv4サービス加入してな」

というお返事が・・・

 

 

21IPのIPv4は、非固定IPであれば 1080円からと比較的安価で提供されていますが

固定1IPになると

ハイスピード(200Mbps) 2160円
隼(1000Mbps) 5970円

 

バックボーンがVectantとなっているため規制が緩いのは大きいですが

そんなに安いわけではありません。

 

 

そこで 高機能ルータに切り替えたことにより

IPv6が無料で利用できる環境がそろった「eo光」側のIPv6を有効にしてみることに。

 

有効化は オンラインで可能。

eo IPv6サービスのお申し込み

申し込みから15分程度で利用可能とのこと

 

 

eo IPv6サービスのお申し込み 完了

 

有効化される前のルータ

13bc11df4d036ec8e9d210565b175077

 

再起動後

d066cc7711f611016a065a1f773bc84a

 

10分程度で反映されていました。