eo10Gbps開通! 標準提供ルーターの罠にハマったの巻

eo10Gbps開通! 標準提供ルーターの罠にハマったの巻

工事期間長かった割には

1ヶ月ぐらいの工事期間が設定されていましたが

既存の引き込みファイバーを再利用な工事でした。

 

これで3万円の工事費って腑に落ちないです。

 

速度

 

ルーターの仕様に悩まされる

 

 

接続するとIPv4/IPv6がどちらも接続になってしまい

フレッツ網のIPv6と競合する

 

eoのIPv6は昔は切れたのですが

どうも多機能ルーターを使っている限り無効化する手段はない模様。

 

そしてもう一つ、IPアドレスの設定が 「192.168.」で固定となっており

いわゆるクラスCしか指定できない。

サブネットマスクも24より大きな数字しか指定できなくなっている。


無理やり設定入れて見ようかと思ったもののそんなことでは意味もなく・・・

 

 

 

 

料金。

1ギガコース 5ギガコース 10ギガコース
通常料金 4,953円 5,419円 5,937円
ご利用開始月 即割
eo暮らしスタート割

2,953円

eo暮らしスタート割

2,953円

eo暮らしスタート割

3,471円

2〜12カ月
eo暮らしスタート割

2,953円

eoスタート割

2,953円

eo暮らしスタート割

3,471円

2年目 4,953円 5,419円 5,937円
3年目以降 長割 4,795円 5,618円 6,110円
6年目以降 4,543円 5,322円 5,788円

イデヨVyOS

IPアドレスがクラスCしか指定できない問題をソフトウェアルーターで逃げることに。

Index of /software/vyos/iso/release/1.1.8

 

VMマシンに10Gb2ポートのLANカードを接続。

 

価格: ¥16,499 
キャッシュレス払いで15675円

VyOS の基本設定 (DHCP/DNS/NAT/Firewall/その他) – Qoosky
接続ID/PASSは工事時にもらう「eo光登録証」中段にある【eo光ネット】の認証IDとパスワードでOK

@以降は不要

IPv4おっそい・・・

 

フレッツのIPv4が遅いのはまぁ10000歩譲ってわからなくもないのですが

eoのIPv4 10Gbサービスで夜にここまで遅いのは悩みどころ。