ジャンクUPS を 使えるようにしてみた

NO IMAGE

先月 浜松の HardOffで見つけた SmatrUPS

バッテリーが死んでます と書いていたので バッテリーだけ買えればいいだろうと とりあえず買ったけど意外とやっかいだった!
まず 出力が サービスコンセント
これは 変換コネクタを持っていたのでまぁ 問題ない!
しかし!! なんと このUPS 仕様電圧が 220~240V
つまりはアメリカの一部地域や 中国・台湾向けの 機械だったのです・・・
日本は105/210なので・・・
とりあえず ものは試しで 100Vを入れてみましたが 認識しません
200Vを入れてみても 電源を認識しません・・・
うわ ほんとに 壊れてたのか・・・ とおもいつつ
本体をばらしていきました・・・
するとですね
内部の奥の方にある電源コネクタが 抜けてました!!
何という罠なんでしょう!
これをつなぐことにより 200をかければ電源は入ったのですが
こいつの標準電圧は220V 
日本の電圧は 200Vなので UPBoostがかかった状態になってしまいます。(電圧15%Up)
まぁ このBoostはトランスでUpしているので 気にしないことにしておきます!
バッテリ自体は やはり片方が死んでいるようで
充電をかけて フルゲージになっても 使用すると すぐだめになります
純正バッテリ高過ぎて買えないので
秋月の格安バッテリーを使用
 
LONGのバッテリーは過放電にかなり弱いですが 
Upsの待機運転だと 特に問題ないかとおもうので選択
ちなみに APCの純正とは タブのサイズが 若干違います。
ご使用は自己責任で
200Vなので アウトレットのコネクタも変更しないと一応だめなので
こういうものを用意。

ケーブル自体は 300V耐圧なので そのまま使用できますが
コネクタは この系の 250V対応品を一応使わないとだめです
まぁ一応なので 自己責任で そのままでもいいのですがね・・・
200V自体は エアコンからいただいてきました!
ここら辺の工事は 「第二種電気工事士」の免許が必要です。
ジャンクUPS APC SmartUPS1000 1000円
バッテリ 秋月 Long 12V12A @2950X2 5900円
コネクタ・ケーブル   そこら辺に転がってたやつ
工事費          プライスレス
7000円弱で 200Vから 230Vが出る謎の正弦波UPSができあがりました
PCの電源は 基本的に 100~120 200~240対応なので 日本でも 230Vでつかえます。