関西電力、2月分の燃料費調整額は上昇するも補助金で大幅ダウンに。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。


2月請求分からは国の政策で7円/Kwh補助されるため

規制料金の燃料費調整額が-4.76円と久々に見る値となる。

関西電力燃料費調整単価

燃料費調整単価 2022年2月分
2022年2月分 2022年1月分 との差

使用電力量1kWh当たり
種別 2023/2 2023/1 差額
低圧

電気特定小売供給約款、
選択約款を適用している場合

-4.76円

(+2.24円)

+2.24円 -7円
電気供給条件(低圧)を適用している場合 +4.20円

(+11.20円)

+10.91円 -6.71円

(+0.29円)

高圧供給 +7.23円

(+10.73円)

+10.44円 -3.21円

(+0.29円)

特別高圧供給 +10.59円 +10.31円 +0.28円

2023年2月分の燃料費調整単価は、負担緩和
策により低圧(1kWhあたり7円)、高圧(1kWhあたり、3.5円)
の値引き単価を差し引くものとする

2023年2月分電気料金の燃料費調整
(PDF)

電気特定小売供給約款、選択約款 は従量電灯・低圧電力などの基本的な契約プラン

電気供給条件(低圧)は 時間帯別電灯など標準ではないプラン


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください