シリアルコンソールサーバを入手したのでエコパワーメータのRS485をネットワーク経由で読む。 | satoweb-blog

シリアルコンソールサーバを入手したのでエコパワーメータのRS485をネットワーク経由で読む。

Pocket

3月にハードオフで見つけて確保していた

シリアルコンソールサーバ

 

シリアルデバイス及びネットワーク上に分散した管理ホスト両方の一元管理が可能です。カスケード配線を便利に行うための2つのイーサネットポートを備え、LCDパネルによる簡単なIPアドレス設定可能です。使いやすさと高い柔軟性を確保するために、電源ターミナルブロックと電源ジャックの両方をサポートしています。

情報源: NPort 5600-DTシリーズ – 汎用デバイスサーバー | MOXA

 

このユニット電源電圧が12~48Vとワイドレンジになっているため

PoEの電源を 防犯カメラの残骸でいい感じにして突っ込むことで動作させています。

 

 

5650シリーズであればそのままRS485を食べれれたようですが5610シリーズだったので

RS485をRS-232Cに変換するアダプタを使用。

 

 

 

配線は複数機器をつなぐ場合 変換アダプターをスタートとする一筆書きにしないと

通信が正常に行わわれない。

 

エコパワーメータの通信設定。

 

 

見せる化ソフト・見える化ソフト | 省エネ支援機器 | 制御機器 | 電子デバイス・産業用機器 | Panasonic

 

KW Monitor

KW Monitor から読む。

 

Zabbixから読めればいいのですが

いまいちプロトコルがわからん・・・

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください