Anker 大容量バッテリー「PowerHouse II 400」を買ってみた。 | satoweb-blog

Anker 大容量バッテリー「PowerHouse II 400」を買ってみた。

Pocket

Anker PowerHouse II 400

100台限定で15%ポイント~ということで早めに買ってみたものの

11月3日現在まだ15%ポイントはつく模様。

 

 

 

仕様。

サイズ:約255 × 148 × 139mm

重さ:約4.6kg

入力:

・DC:11-28V=5.5A (最大65W)

・USB-C:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A/ 20V=3A (最大60W)

合計最大入力:125W

出力:

・AC:110V ~ 50 / 60Hz, 2.72A, 300W (瞬間最大600W)

・USB-A:5V=7.2A (各ポート最大12W / 合計最大36W)

・USB-C:5V=3A / 9V=3A /15V=3A / 20V=3A (最大60W)

・シガーソケット + 5.5mm DC:12V=10A (合計最大120W)

8ポート合計最大出力:516W

バッテリー容量:108,000mAh / 388.8Wh

 

最大出力516Wで8つの機器を同時充電可能な超大容量アウトドアバッテリー「Anker PowerHouse II 400」を使ってみた – GIGAZINE

まずはDC入力ポートに付属のACアダプタの端子を挿入。

Gigazinのページでは先にDCプラグを本体に接続していますが
そうすると充電回路が低電圧から必死に充電しようとして ACアダプタの過負荷保護が動作します。

先にAVプラグを接続してACアダプタの緑色LED点灯を確認してから接続しないと充電開始されませんでした。
 

 

 

背面の照明は白かと思いきやの電球色。

サイドはホワイト。

 

わりとなんでもさせる入出力。

充電は DCポート最大65W PD最大60Wの合計125Wが可能となっている。

 

付属ACアダプタは 100-240V入力の 24V2.7A出力

ACアダプタのみの接続で 59W入力表示。ACアダプタの入力は 73Wで 力率0.59

あまり効率はよろしくなさそう。

 

Type-Cコネクタに 65W対応の電源を接続して W充電すると 109Wの入力。

 

100V出力は100Vではなく110V2.73Aでの300W

 

本体を充電しながらの電源出力も可能で 使った分充電電力が減少。

Pocket

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください