【バッテリー】Anker PowerCore Lite 10000を試す。

【バッテリー】Anker PowerCore Lite 10000を試す。

Ankerから18650ではなく

リチウムイオンポリマーになったっぽいバッテリーが出たっぽいので注文してみた。

 

 

QuickCharge3.0やらPDは非対応

約211gの軽量設計&薄型デザインながら、大容量10000mAhを搭載したモバイルバッテリー。iPhone X/8 Plusを含む、ほとんどのスマートフォンを約3回フル充電することが可能だ。最大2.4Aの出力に対応したUSB端子を1ポート備える。

 

 

 

価格は2,999円(8/25時点Amazon)

 

入出力ともに5Vのみの対応で

 

 

充電ポートはType-CとMicroBが用意されているが同時使用は不可。
バッテリーレベルは4段階のLED表示
キャリングケース・USBケーブルのみの付属で 充電器は付属しない。

保証期間は18ヶ月

 

少電力機器モード搭載

 

イヤホンなど数十mAしか使用しない機器をモバイルバッテリで充電する場合

途中で機器がないものと判断されてバッテリの出力がOFFになってしまう場合がありますが

これはそれを回避するモードが搭載

 

電源ボタンを2回押しでバッテリレベルの一番下が緑に点灯しこの状態で小出力モードに

 

 

通常モード  0.04A 2分程度でOFFに
少電力モード 5分超えても電源ON

 

省電力モードの検証ついでに最大負荷の検証を行ったところ

定格 2.4Aに対し

2.5Aの負荷がかかると電源がおちました。

 

充電。

 

AukeyのQC2.0対応 5V2.4Aでテスト

 

5V/約2Aで定格

1次側も10Wそこそこ

 

充電しながらでも電圧は出る。

ただし、入力電圧よりも低い値となっている。

QC2.0やPDが必要ない場合

薄型で軽量なのでわりといいかもしれない。