バッテリーの劣化でCPU性能も劣化させていたiPhone、6S以降のバッテリー交換を値下げへ

バッテリーの劣化でCPU性能も劣化させていたiPhone、6S以降のバッテリー交換を値下げへ

iPhone6以降のみが減額の対象

どうすれば3,200円でバッテリー交換が可能なのかはまだ公開されておらずそのうちこうかいとなるようだ

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018

年12月まで全世界で継続します。詳細は近日中にapple.comでお知らせします。

 

 

予期しないシャットダウン

iPhone6も寒いと突然シャットダウンしてた気がしますが

バッテリーの減少で 急激な予期しないシャットダウンを阻止するための措置だったようです。

お客様がiPhoneの充電式バッテリーと、そのパフォーマンスに影響を与える要素についてより詳しく知ることができるように、iPhoneのバッテリーとパフォーマンスという新しいサポート記事を掲載しました。

言うまでもなく、私たちにとって突然の予期しないシャットダウンは容認できるものではありません。お客様の通話が途切れたり、写真が撮れなかったり、iPhoneでのそのほかの体験が中断されてしまうのは不本意なことであり、可能な限り防がなくてはなりません。

予期しないシャットダウンを防ぐ
Appleは1年ほど前、iOS 10.2.1で、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE上での予期しないシャットダウンを防ぐため、ピーク負荷時の電力管理を向上させるソフトウェアアップデートを提供しました。このアップデートでiOSは、シャットダウンを防がなくてはならない状況下で、一部のシステムコンポーネントの最大パフォーマンスを動的に管理するようになりました。ユーザーがこうした変更に気づくのは稀だと思われますが、場合によってはアプリケーションの起動時間が長くなったり、そのほかの部分のパフォーマンスが低下する可能性があります。

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて – Apple(日本)