Xiaomi Redmi Note 4X を輸入してみた。

Xiaomi Redmi Note 4X を輸入してみた。

コラボモデル

初音ミクモデルがとりだたされて久しいモデルですが

なかなか初音ミクコラボモデルなのがないどころか

BuleカラーすらAliexpressで発見できなかったわけではありますが

 

Buleカラーなモデルを在庫有りで取り扱っているセラ―があったため

オーダーしてみました。

 

DHLにして追加料金を支払いおーだしたところ 中3日で到着。

 

コラボモデルのバッテリーやらがついてるやつではないため

外装がミクというだけで

あとは普通の Note 4Xである。

 

説明書的なものは付属せず

充電器 5V2AとUSBケーブルのみ

 

画面

 

相変わらずのDualSIMだけどMicroSDを使うとDualにできなくなるスロット

Nano/Microどちらも使えるというのは便利ではある。

 

日本語設定がない

調べてなさ過ぎだろといわれればそこまでですが

言語設定に「日本語」がいない。

 

 

データ通信はLTEnetForDATA

試験に使用したauSIMはiPhone6契約のLTESIM

 

LTEnetforDataのAPN設定をいれると苦労なく接続可能

auのLTEはつながらないパターンが多い中でらくらく接続できるのはありがたい

  • LTE NET for DATAのAPN設定 

APN名

au.au-net.ne.jp

ユーザ名

user@au.au-net.ne.jp

パスワード

au

認証タイプ

CHAP

LTE NET for DATA | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

 

 

CDMA2000対応でauで電話ができる

au回線の端末が手元になくなっていたので

電話ができる端末のためにXaomiがほしかった。

 

しかし、わかってはいたもののVoLTEは使用できない。

スピードテスト

まぁまずまずな速度

 

スペック

Real Stock, Fast Shipping
       Metal Body, Fingerprint ID
       CPU ———- Snapdragon 625 Octa Core CPU (Adreno 506 GPU)
       Screen ——- 5.5-inch 1920x1080p Screen
       RAM+ROM — 3GB+32GB (Support 128GB TF Card, VFat Format Only )
       Camera —— 13MP Rear Camera, 5MP Front Camera
       Battery —— 4000mAh(Mini) – 4100mAh(Typ), 5V 2A Quick Charge
         OS ———– MIUI 8, Official Global Firmware, Support OTA update, No root
         Other ——– WIFI,Bluetooth,GPS,OTG,FM Radio
       Network — Dual SIM Dual Standby (Micro SIM Card x 1 + Nano SIM Card x 1 or Micro SIM Card x 1 + TF Card x 1)
      2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
      3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz; CDMA2000/1x BC0
      4G: FDD LTE B3:1800/B1:2100/B7:2600/B5:850 MHz TD LTE B38:2600/B39:1900/B40:2300/B41:2555-2655MHz