ナンバープレートカバーの禁止がようやく明確化、平成28年4月1日以降クリアカーバも含め禁止へ。

ナンバープレートカバーの禁止がようやく明確化、平成28年4月1日以降クリアカーバも含め禁止へ。

平成28年4月1日施行の改正法により、
いままでクリアであれば車検以外はどうにかなっていたナンバープレートカバーが全面的に禁止され
また、汚れた状態のまま、シールを張り付けることなどが明確に禁止される。

また、平成33年4月1日以降の初年度登録車両については取り付け位置・角度まで一定範囲に収めることが求められる。

報道発表資料:道路運送車両法施行規則の一部を改正する省令等の制定について – 国土交通省

8d0e74a50868bb6bbbace2d3096673ed (1)

 現行の道路運送車両法においても、ナンバープレートは見やすいように表示しなければならないこととされていますが、これらの法令の整備により、平成28年4月1日以降、ナンバープレートについて、カバー等で被覆すること、シール等を貼り付けること、汚れた状態とすること、回転させて表示すること(※)、折り返すこと等が明確に禁止されることとなります。
 また、平成33年4月1日以降に初めて登録を受ける自動車等のナンバープレートについては、一定範囲の上下向き・左右向きの角度によらなければならないこと、フレーム・ボルトカバーを取り付ける場合は一定の大きさ以下のものでなければならないこととなります。

a58054b72e0a47dd0ada84bdf4d07079

31c1ba0beb0c15760c17711ea47ec07c
国交省、ナンバープレート表示の新基準を公表 – Car Watch