関西電力が一部深夜時間帯向け料金メニューの新規加入を平成28年3月末で終了。

NO IMAGE

平成28年3月31日で新規加入が終了となるのは主に深夜時間帯に
蓄熱して使う機器向けの料金プラン。

・深夜電力、第2深夜電力、低圧蓄熱調整契約
・通電制御型蓄熱式機器割引、5時間通電機器割引

エコキュートの普及によりそもそもの新規加入数も減っているとおもわれるため影響はそこまで大きくないのかもしれない。

 当社は、平成28年4月からの電力の小売全面自由化に向け、新たな電気料金メニューの検討を進めておりますが、この度、一部の電気料金メニュー(選択約款)等の新規加入を停止することといたしました。
 具体的には、平成28年4月1日以降、深夜電力等への新規加入を停止するもので、平成28年3月31日時点で、これらの電気料金メニュー等にご加入いただいているお客さまにつきましては、電気のご契約内容にご転宅等による変更がない場合、引き続き同様のご契約内容でご利用いただけます。

この記事を書くためにプランを調べていて気づいたのが
「はぴeプラン」が廃止され「はぴeタイム」に移行しているのですが
その「はぴeタイム」が蓄熱機器必須ではなくなっているようです。

時間帯別電灯は深夜お得な代わりに昼間時間帯の単価が高めに設定されているわけですが
「はぴeタイム」は時間帯別料金よりもさらに細かく時間が設定されており
土日祝日はお得な料金に設定されています。

基本料金が700円ほど「はぴeタイム」のほうが高かったり段階せいではなかったりするため
一概に安くなるかは不明なところでありますが、土日在宅の場合はこちらのプランのほうが安くなるのかもしれない。

はぴeタイム | 主な電気料金メニュー [関西電力]

時間帯別電灯 | 主な電気料金メニュー [関西電力]

電気料金メニュー等の見直しについて [関西電力]