タコメータがない車にOBDⅡで、メータを追加する。

NO IMAGE

タコメータがついていない車に乗るとなんか不安なので

OBDからデータを取得して表示してみます。

 

「Torque」 がUI的にもベストではあるのですが
TOYOYAの通信方式には対応しておらず使用不可
Torque Pro (OBD2/Car) – Google Play の Android アプリ

「燃費博士」
UIは一度作り込んでしまえば いいものの
Android4.2以降のメニューボタンがないデバイスのことは考えられておらず
終了/設定等が めんどくさい&操作しにくい。

また買い切りではなく 月額315円での課金サービス(初回30日無料期間有)となっている。
2014-08-14 08.20.20
タップで画面切り替え
ダブルタップでズーム
ロングタップでメニュー表示など操作しにくい。

縦画面にも対応しているが
横→縦→横と画面回転させると レイアウトがずれる。

またアプリを終了してもメニューに居残る。

 

 

 

 

ベストだな!と思ったアプリがこれ

「OBDInfo-san!」\580-(買切り)
OBD Info-san! – Google Play の Android アプリ

トライアル版/利用時間制限あり・故障診断が使用できない
OBD Info-san! トライアル版 – Google Play の Android アプリ

2014-08-15 06.18.48
Toyota K-LINEのプロトコルにも対応していて
DAIHATSUやSUZUKI用のプロトコルも一覧にあるため国内メーカにも基本対応。

 

 

2014-08-15 11.26.04
OBDでの故障診断も一応できるようになっているようで
エンジンチェックランプが点灯した際に役立ちそう。

 

メーターの表示内容は変更できない仕様となっているようで

Street/Circuit/ECOのメニューからしか選択できないのが少し残念。

2014-08-15 09.43.32

 

13年式Vitzでは 設定のプロフェッショナルメニューで

「通信感覚の短縮」にチェックを入れておかないと 更新が5秒間隔ほどになってしまう

そのせいか 倍ぐらいの燃費表示となっていた。

2014-08-15 08.51.13

 

 

終了時に 今回のドライブステータスを表示することも可能(300m以上走行時)

2014-08-15 10.50.27

 

 

OBDコネクタに接続したデバイスは

1000円程度で購入できるBTアダプタタイプのもの

2014-08-05 11.50.05 2014-08-05 11.50.00

[amazon template=wishlist&chan=channel&asin=B00AK6L7HE]

ロット/販売元により多少仕様が異なるようですが

当方が入手したものは 接続時にPINコードが不要なもので

Androidスマートフォンからペアリングするだけで使用可能でした。