NTT東、SFP+型ONUインターフェイスの仕様を公開

NO IMAGE

前回の決算発表で公開された
1Gbpsサービスに続き
SFP型モジュールの情報が公開されたようです。

光アクセスサービスの小型ONUの開発及び提供について~実装デバイスの普及に向けてインタフェース仕様を開示~ 

img_20140728_01_01_01

 

 

デバイス詳細

img_20140728_01_02_01

 

 

いままで フレッツ網を使用したサービスを提供しようとした場合

どうしても ONUが必須となってしまい、 光電話/フレッツTVなどを使用しない場合においても

大きなスペースを必要としていたわけですが

 

SFPモジュールサイズで収まることにより

小型化が可能になるようです。

 

まだ仕様が公開されたのみで 実際の製品とはなっていないようですが

miniGbigポートに刺すだけで フレッツを利用できるようになれば 一部の界隈ではうれしいところですが

仕様の要件において 停電の際数秒間電源が維持されないといけないようで一般HUBと接続となると難易度が高そう。

「デバイスの電源断時に小型ONUより網に対して警報を送出するため、必要となる機能(蓄電部等)を搭載すること。
(ONUが網側に信号を送るまでの間、電源供給を継続)」

提供が開始されるのは 2015年6月となっており
NTT西日本が 追随してほしいところ