intel Giga CT desktopAdapter  vs Realtek PCIe GBE Family 比較

NO IMAGE

AM1のマザーボードは現在のところ

4メーカー(ASUS Gigabyte ASRock MSI) から出ているわけですが

すべてのマザーボードにおいて ネットワークアダプターは Realtec

 

いわいる「蟹」NICとなっています。

DSC06944

この蟹さん 高負荷に弱いといわれ

初期のチップだと高負荷が長時間続いた場合

100MbpsにLink速度が落ちたり 通信できなくなるといわれていました。

そこでどれぐらいしょぼいのか 試してみることに。

 

使用した測定ツールは

Softether添付の通信スループット測定ツール

サーバ側環境

OS  Windows8

NIC オンボード Intel EthernetConnection I217-V

 

クライアント側環境

OS Windows7

NIC Reltec PCIe Gigabit

Intel Gigabit CT DesktopAdapter

 

サーバー側において測定ツールをサーバで起動

32セッション/ダウンロード・アップロード同時測定/測定時間10分で

クライアント側のNICを変更しつつ測定した。

Realteck

平均スループットが

ダウンロード方向 858.55Mbps

アップロード方向 701.55Mbps

DSC06935

チップ表面温度を赤外線温度計で測定してみたところ 35度とそこまで加熱していませんでした。

DSC06936

中間時の 帯域幅

ダウンロード方向(Intel⇒蟹)については安定して 900Mbpsを維持していたものの

逆方向の帯域は多少の揺らぎが出ていました。

 

600Mbpsを超過する測度になると 揺らぎの幅が 200Mbpsほどになるので少し気になるところ

 

 

IntelGigabitCT Desktop

こちらの平均スループットは

ダウンロード方向 950Mbps

アップロード方向 580Mbps

DSC06949 DSC06948

いまいち安定しないグラフ・・・

 

DSC06939

 

そして高いコア温度。。。

ダウンロード速度自体は確かに早いものの

アップロード側がそこまで早くない

 

 

というわけで RealTeckでも 10分間の高負荷状態なら 問題なさそう