12月6日に発生した「ソフトバンク系」の通信障害、原因はエリクソン機器の証明書のミスと公開。

12月6日に発生した「ソフトバンク系」の通信障害、原因はエリクソン機器の証明書のミスと公開。

総務省からのリリースが出ていないため
重大事故になるかまだ決定していないようですが

通話ができなかったこともあり、今回の一件の責任は大きいと思われ。

原因は、エリクソンのソフトウェアの異常。
同時に11カ国で障害が発生。

4. 影響数
調査中 
5. 原因
2018年12月6日(木)午後1時39分ごろ、全国のお客さまをカバーする、東京センターおよび大阪センターに配置してある、エリクソン社製パケット交換機全台数で、同社ソフトウエアに異常が発生しました。

なお、同ソフトウエアは9カ月前から運用しており、同ソフトウエアによる異常は、エリクソン社製の通信設備を使用する海外(11カ国)の通信事業者においても、ほぼ同じ時刻に同様に発生していると、エリクソン社から報告を受けています。

ソフトウエアを旧バージョンに戻すことで、復旧を行いました。

2018年12月6日に発生した携帯電話サービスの通信障害に関するおわび | プレスリリース | ニュース | 企業情報 | ソフトバンク

ソフトバンク大規模通信障害、「原因はエリクソン」と弁解 – ケータイ Watch

2018年12月6日、エリクソンは、コアネットワーク内のSGSN–MME(Serving GPRS Support Node – Mobility Management Entity)に生じた問題を特定しました。この問題は、本ノードおいて特定の二つのソフトウェアバージョンを利用している、複数の国におけるお客様のネットワーク障害を引き起こしました。

社長兼CEOのボリエ・エクホルムは次のように述べています。「今回の障害を引き起こした問題のあるソフトウェアは、現在廃棄処理を進めています。私たちのお客様だけではなく、ユーザーの皆様にもご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。現在、私たちのお客様における影響を最小限に抑えることができるよう、またサービスを早急に復旧できるように鋭意努力させていただいております」

早期の段階での根本原因の解析結果では、今回影響を受けたソフトウェア証明書のバージョンの齟齬が示されています。完全かつ総合的な根本原因の解析は依然進行中となっており、現在は直近の問題解決に集中して対応しています。

ソフトバンクの障害情報に関するお知らせ