【mastodon】JP鯖(mstdn.jp)の運営がぬるかる氏から「合同会社 きぼうソフト」へ譲渡

【mastodon】JP鯖(mstdn.jp)の運営がぬるかる氏から「合同会社 きぼうソフト」へ譲渡

@mstdn.jpがぬるかる氏の手を離れる。

ぬるかる氏が10月1日をもってドワンゴを離職するということで
mstdn.jpの行く末がどうなるかの流れになっていたわけですが
すでにインスタンス運営を行っている 合同会社きぼうソフトが運営を引き継ぐようです。

合同会社きぼうソフト(本社:神奈川県横浜市、代表社員:香月 貴義)は、2018年10月1日をもって、
ぬるかる氏が運営する分散型SNS「マストドン」のインスタンス「mstdn.jp」の運営を譲り受けることを決定いたしました。

登録ユーザー数18万人を超えるマストドンインスタンス「mstdn.jp」の運営を譲受|合同会社きぼうソフトのプレスリリース

今後、サーバーサイドはどうなる?

現状、フロントエンドは「Cloudflare, Inc.」がCDNとなっていて
バックエンドが一体今何処になっているのかが公開されてはいないわけですが

 

この、広告では収益を上げづらい
Mastodonというシステムをどうやって 譲り受けたあと運用していくのかが気になるところ

2017/4時点では さくらで有ることが公開されている。
Mastodon運営をどう楽しむか?「mstdn.jp」管理人ぬるかるさん & ゲヒルン代表 石森大貴さん 対談 | さくらのナレッジ