MNP施策が軒並み弱力化したところに NHKからのとどめが来た。

NO IMAGE

3519d39ce6207cc9bb3a46d31b196cbf.png  464×283
スマホ 現金目的で短期間乗り換え急増 NHKニュース

このキャッシュバックを目的に、短期間で携帯電話会社の乗り換えを繰り返す利用者が急増していて、このうち東京の日本通信では、契約を30日以内に解除して他社に乗り換えた件数が、先月までの3か月間でおよそ1万5000件に上ったことが分かりました。
この数は前の年の4.5倍に当たり、これまでで最多だということです。

30日以内でMNPしてもケータイキャリアの与信に影響がない、
MVMOならではということだとは思うのですが
この3か月で 日本通信はこのMNPされた回線が すべでb-mobileのSIM契約であったとして 
スマホ電話SIM フリーData | b-mobile SIM

 新規契約時の手数料 3150円
 一月分の基本料金 1560円
 短期MNP解約時の違約金 8400円
 MNP手数料 3150円 
が15000回線分入っているという皮算用ができるわけで、利益を授かっている側のような気もするのです。
(SIM一枚当たりDocomoに支払っている分は不明。
通信インフラは今年度分からさらに安くなっている
ドコモ、MVNO向け接続料半額以下に – SankeiBiz(サンケイビズ))

しかし 16日までは 超高額CBを行っていた販売店においても 
今週は、NMPであれ機種が0円にすらなっていない。
105000 2014-03-16 19.21.04

NHKで報道されたこともあり今週末はますます寂しいことになりそうです。

関連記事
コストを抑えたいなら断然MNP! 家族で乗り換えるとさらに安くおトクに – e-ビジネス情報 – Asahi Shimbun Digital[and]

業績予想の上方修正に関するお知らせ