ソフトバンクが VoLTEじゃないのに VoLTE時代と名付けた 謎プランを 4月より開始

NO IMAGE

ソフトバンクモバイル株式会社は、高品質な音声通話を実現するVoLTE※時代を見据え、お客さまにシンプルで分かりやすいように音声定額とパケット定額をパックにした革新的な新サービスを、SoftBank 4GおよびSoftBank 4G LTEに対応するすべてのスマートフォン向けに、2014年4月21日より提供する予定です。

目次

1. 内容

Sパック Mパック Lパック
国内音声通話 3分以内/月50回まで 5分以内/月1,000回まで
パケット通信 2GBまで 7GBまで 15GBまで
月額利用料 5,980円 6,980円 9,980円
  • ※ソフトバンク・他社携帯電話、固定電話などへの国内音声通話がサービスの対象となります。
  • ※専用基本料、S!ベーシックパックの月額利用料が別途かかります。
  • ※国内音声通話の超過分は30円/30秒の通話料がかかります。
  • ※国内パケット通信の超過分は、Sパックは250円/100MB、Mパックは125円/100MB、Lパックは100円/100MBの通信料がかかります。また、超過しても通信料不要で128kbpsの低速通信がご利用いただけるオプションサービス(月額300円)をご用意します。

2GBの通信料込で 5980円で 無料通話3分以内 50回まで無料となっており 
「まぁ高いけどまだ許せるかなぁ」とおもっていたところ
罠があり
基本使用料・S!ベーシックパックの月額料金が別途かかるということで
基本料 980円(消費税不明・二年契約時)とS!ベーシックパックの300円(税別)がかかってくるようです。

この時点でも すでに わかりにくいのですが
さらに 規定通信量を超過した場合 説明を読む限りでは 
自動的に100MBあたり 250円(sパック)~100円(Lパック)の従量課金になってしまい
課金されないように 128kbpsになるサービスは 300円のオプション提供となるようです。

また ホワイトプランであった ソフトバンク同士の 1~21時通話無料もなくなっているうえ
超過時の 通話料金が 20円/30秒から 30円/30秒に進化し 実質の値上げになっている

VoLTE時代の革新的な新定額サービスが登場! | 企業・IR | ソフトバンク

あとこのプレスリリース 4月またいでから始まるのに 税込み価格なのか 
税別価格なのか わからないんですが