【メモ】AdBlockをブロックしてコンテンツを表示できなくするスクリプトをブロックする。

NO IMAGE

いたちごっこの現状。

うちもBlogの広告収入で運営している要素もあるため

Amazonなどのアフィリエイトや広告を設置しています。

 

できればAdblockプラグイン使ってほしくはないものの

そういうプラグインを導入するユーザーは

Adblockをブロックしたところで広告コンテンツを踏んでくれるかといえば

 

そうではないと思われる。

 

 

 

しかしながら最近、増えてきているのが

「Adblockを検出したから コンテンツ表示してやらねぇ」というやつ。

どうやらWordpressのプラグインとしても存在するようです。
(sorry-adblocker)
まぁそんなのを導入しているのであれば

対策のしようもあるはず。

 

ということで眺めてみた。

 

サンプルはこちら
LINEがNaverまとめの著作権侵害やめないならBLOGOSへの転載とメルマガを止めようと思う | More Access! More Fun!
最新記事のみ見れなくするというもの

12/18時点では この記事が最新のようで

Adblock有効の状態でアクセスすると一度記事が表示されその後この表示に切り替わります。

 

ということはJSで何かしているということ

 

 

おもむろにF12をクリックしADBlockタブでScriptを眺めます。

それっぽいJSを発見したらおもむろにBlockしてみます、

 

そして、リロード

 

これだとこのサイトでこのバージョンのSorry-adblockにしか対応できないため

ADblockの設定→カスタマイズで

”/plugins/sorry-adblocker/js/sab.js”

を手動追加しておくといいかもしれない。

 

 

広告非表示しているアドブロックユーザの拒否は誰得? – BTOパソコン.jp