Xiaomi Redmi Note 3 Proを入手してみたのでレビュー。対応周波数以外はイイ!

Xiaomi Redmi Note 3 Proを入手してみたのでレビュー。対応周波数以外はイイ!

Xiaomi Redmi Note 3 は比較的安価ではあるものの
CPUが「 Cortex-A53 Octa-core 2.0 GHz」となっていたため

いまいちそそられなかったわけですが

 

Xiaomi Redmi Note 3 Proが2月に発表となり
それっぽいスペックとそれっぽい価格で
楽しそうな感じだったので入手してみることに。
Xiaomi Redmi Note 3 Pro | Redmi Note 3 Pro

Aliexpress経由で輸入。
Original Xiaomi Redmi Note 3 Pro Prime Snapdragon 650 Hexa Core 5.5” 3GB RAM 32GB ROM 4000mAh google play MIUI 7 Fingerprint ID-in Mobile Phones from Phones & Telecommunications on Aliexpress.com | Alibaba Group

 

スペック

Network 2G bands: GSM 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2
3G bands: HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
TD-SCDMA
4G bands: LTE band 1(2100), 3(1800), 7(2600), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
Speed: HSPA, LTE
GPRS: Yes
EDGE: Yes
Dimensions 150 x 76 x 8.7 mm (5.91 x 2.99 x 0.34 in)
Weight 164 g (5.78 oz)
SIM Dual SIM (Micro-SIM/Nano-SIM, dual stand-by)
Display type IPS LCD capacitive touchscreen, 16M colors
Size 5.5 inches (~72.4% screen-to-body ratio)
Resolution 1080 x 1920 pixels (~403 ppi pixel density)
OS Android OS, v5.0.2 (Lollipop)
Chipset Qualcomm MSM8956 Snapdragon 650
CPU Quad-core 1.2 GHz Cortex-A53 & Dual-core 1.8 GHz Cortex-A72
GPU Adreno 510
RAM 3 GB
Memory 32 GB
Card slot microSD, up to 128 GB (uses SIM 2 slot)
Primary camera 16 MP, f/2.0, phase detection autofocus, dual-LED (dual tone) flash
Features Geo-tagging, touch focus, face/smile detection, HDR, panorama
Video 1080p@30fps
Secondary camera 5 MP, f/2.0, 1080p
WLAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac, dual-band, WiFi Direct, hotspot
Bluetooth v4.1, A2DP, LE
GPS Yes, with A-GPS, GLONASS, BDS
Infrared port Yes
NFC No
Radio Stereo FM radio; recording
USB microUSB v2.0, USB On-The-Go
Sensors Fingerprint, accelerometer, gyro, proximity, compass
Battery Non-removable Li-Po 4000 mAh battery

 

価格

購入した時点では 本体$232.99 +  DHL送料US $15.79の
$248.78でした。

 

3月17日に注文し、3月26日に

DHLから佐川への委託で到着。

 

 

OSはAndroidの上で「MIUI7」が動いている状態。

日本語対応はしているものの

DSC00467

 

ロケーション設定に日本がなく

設定項目が英語のままとなる。

DSC00469

 

 

SIMslot

Dualstandby対応のDualSIM仕様

DSC00470

SIM1側が MicroSIM

SIM2側は NanoSIMかmicroSDの排他使用

 

DSC00475

 

まだ検証の途中ではあるのものの

 

SIM1にDocomo

SIM2にau を差し込んで

通信をSIM1にしておくと

Docomo4GLTE通信・Docomo通話待ち受け・au通話待ち受けが可能

 

この状態で通信をSIM2に切り替えるとSIM1側が圏外になるのため

なんでなのかなぁと試している。

 

GooglePlayが初期インストール済みのため

いたって普通にAndroid機として使用可能。

 

 

 

LTE対応バンドが 国内では実質

B1/B3のみとなるため

都心部以外での使用はつらいかもしれない。

4G bands: LTE band 1(2100), 3(1800), 7(2600), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)

指紋認証

そんなに高くない端末のわりに指紋認証に対応している

触るだけでロック解除→画面ONになるのは便利。

DSC00518

 

 

FMラジオ

87.0MHz-103MHz

日本のメイン周波数と一致しないため

最近始まった ワイドFM向けがメインの使用用途になりそう

 

イヤホンがアンテナになるため

スマホ単体では受信できない。

 

 

 

3万円程度で ここまで遊べるなら

十分なスペックだと感じる。

 

Xiaomi Mi 5も少し気になるところ
Xiaomi Mi 5 | Mi 5