Docomoが新料金プランを発表。5月15日から受付開始。

NO IMAGE

(1)基本プラン(月額)

区分 プラン名
(端末種類)
料金注意1
(2年契約の場合)
通話料
カケホーダイプラン
(音声有り)
カケホーダイプラン
(スマホ/タブ)
2,700円 国内通話カケホーダイ注意2
カケホーダイプラン
(ドコモ ケータイ)
2,200円
データプラン
(音声無し)
データプラン
(スマホ/タブ)
1,700円 設定なし
データプラン
(ルーター)
1,200円
デバイスプラスTM注意3
(M2M専用)
デバイスプラス500 500円
デバイスプラス300 300円
(2年契約なし)
  • 注意1 契約期間2年の場合は、2年間同一回線を継続して利用することが条件となり、料金プランの変更、契約変更および廃止のお申し出がない場合、自動更新となります。また、契約満了月の翌月以外でのご契約回線の解約、料金プラン変更等の場合は、解約金9,500円が必要となります。定期契約がない場合の料金、ハーティ割引®等については、当社のインターネットホームページでご確認ください。「デバイスプラス300」については、2年契約なしのプランのみとなります。
  • 注意2 0180/0570等から始まる、他社が料金設定している電話番号への通話は、国内通話カケホーダイの対象外となります。

Willcomのような 時間制限有の定額ではなく ほんとのかけ放題になるようですが

Xi音声プランでのカケホーダイではないプランは消滅するようです。

11. 既存プランの扱い

Xiの既存プランおよび既存プランに関連する割引サービスについては、2014年8月末をもって新規受付を終了します。(FOMAの既存プランについては、引き続き新規のご契約が可能です)

(2)パケットパック定額料(月額・1グループ毎)
プラン名 利用可能データ量注意4 シェア 料金注意5
一人向け データSパックTM注意6 2GB 1人でシェア可注意7 3,500円
データMパックTM注意6 5GB 5,000円
家族向け シェアパックTM10 10GB 家族で10回線まで可 9,500円
シェアパック15 15GB 12,500円
シェアパック20 20GB 16,000円
シェアパック30 30GB 22,500円
らくらくスマートフォン向け らくらくパックTM注意6 200MB 不可 2,000円

 

あらたな 継続年数におおじた割引も開始されるようですが ものすごく切ない割引額となっています。

(1)「ずっとドコモ割」(1グループ毎)
プラン名 ご契約年数および毎月の割引額注意8
1st
(1~5年)
割引前料金
2nd
(6~8年)
3rd
(9~10年)
プレミア
(11~15年)
グランプレミア
(16年~)
データSパック 3,500円 割引なし 割引なし 割引なし -600円
データMパック 5,000円 割引なし 割引なし -600円 -800円
シェアパック10 9,500円 -300円 -600円 -800円 -1,000円
シェアパック15 12,500円 -300円 -600円 -800円 -1,000円
シェアパック20 16,000円 -600円 -800円 -1,000円 -1,500円
シェアパック30 22,500円 -800円 -1,000円 -1,500円 -2,000円
らくらくパック 2,000円 割引なし 割引なし 割引なし -600円
(2)「U25応援割」
サービス名 対象者 割引額 ボーナスパケット量 割引適用期間
U25応援割 利用者が25歳以下で、カケホーダイプランおよびパケットパック額注意9 をご契約のお客さま -500円/月 1GB/月 26歳の誕生月まで

データ通信料が分け合えるプランが分け合えるプランが登場しているようですが

分け合うためには

3. 「パケあえる」(月額・子回線毎)

代表回線にご契約いただいたパケットパックの利用可能データ量を、家族内等で分け合って利用できるようにしたサービスです。

サービス名 対象者 料金
(シェアオプションTM料)
一人向け(2台目プラスTM) 「カケホーダイプラン」をご契約(1台)いただき、同一名義で「データプラン」にもご契約(1台)いただいた「データSパック」「データMパック」をご利用のお客さま 500円/月
家族向け シェアパックをご契約いただいた代表回線とデータ量を分け合う子回線のお客さま 500円/月

 

「パケあえる」への加入が必須となっており 分けてもらう1回線ごとに500円必要となっています。

パケットサービスは 「リミットモード」と「スピードモード」が用意されており

制限まで来た際に 128Kbpsに減速するか

1GBあたり1000円を支払う代わりに リミットをなくすかを選べるようで 標準では リミットモードとなっている。

 

まだまだ情報が少ないのも困りものですが

プラスXi割がなくなるのは 必須とおもわれ 加入変更を行うのであれば早めにしておいたほうがよさそう。