大阪で初開催となった 「 #さくらの夕べ 」に参加してきた!

NO IMAGE

DSC05543
Atndでは 8階とアナウンスされていたのですが  7階が違うという罠が用意されていました。

会場であるブリーゼタワーは 一般客として来たことがなく わりと地下道で悩みながら到着
(大阪駅から向かう 地下のマクドナルドが 小奇麗に大きくなってて驚き。)

2013-07-02 19.07.05この看板が もう少し手前のわかりやすいとこにほしい。

DSC05574

小ホールを借りていたようで 結構広い
人が多く集まる会場だと Wifiチャンネルの奪い合いになるので
接続台数が1台となってしまいますが L-03EのUSBテザリングが大活躍。
(さくらさんがわでハッシュタグ流してたMacが途中何度か、
ネットワークにつながらない感じになってましたし。)
DSC05546

新さくらクラウドサービスがらみがメインでした
クラウドサーバーはさくらのクラウド

DSC05548

DSC05552
さくらの大人気サービスのVPSのパンフやら

参加したかったけど行けなかった石狩DC見学のぱんふやら
いろいろよういされていました

DSC05556

専用サーバで ロードバランサーが10月まで 無償提供とかのお話がありつつ

さくらのクラウド 新プランと機能アップデートについて

講演者が
横田眞子彦さん(@Wslash)
AmazonEC2/EC3の本かいてるとかなんとかかんとか

今回の本題 さくらクラウドの新プランについて

DSC05565

下が1G1900円から 最大構成の12コア128GB 95025円まであり

AWSよりも幅広くほしい性能が使えるようです。

1月の課金は 20日未満日割りでそれ以降は月額の金額になるようで

そのうえ現状I/O課金がないというクラウドらしくない料金体系であるのも特徴
(クラウド破産が基本的にないとのこと)

さくらのクラウドは すべてのサーバやスイッチの構成を 仮想上で可能
リモートスクリーンをクラウドでも利用可能。
(そういやGMOのクラウドのリモートスクリーン 提供開始されたんだろうか?)

さくらのクラウドと リモートハウジングが接続可能となるようで 幅広い運用体系に適用可能
SSDと標準ディスクが同価格で利用可能
SSD100GBのパフォーマンスがすごい

 

さくらVPSのデータを クラウドに移行する機能が 中旬から提供予定。
20~90分で完了とのこと(移行に伴い IPアドレスは変わってしまう

またDisk容量2TBと4TBが提供される予定とのこと

 

田中氏登場で 先のプレゼンの全力だめだし

 

とあるさくらのジェネレター から始まった さくらクラウド
さくらのレンタルサーバで 初め公開したら 瞬く間に 503
専用サーバを借りようとすると 3営業日・・・(社長なのに普通に借りる?)
そこでAWSを使用して 早くて快適だったので自社でなんとかしたい

さくらクラウドの意識として
物理を意識できるクラウドを目指した。

DSC05567

 

コンソールはHTML5でVNC

設定で接続するネットワークやIPを指定可能で
作成した時点で ホスト名とIPアドレスが指定済み。

仮想のネットワーク構成が ブラウザ上で 確認可能

DSC05569
DSC05572

 

また CUIでサーバの追加ができます というデモを行っていたのですが
なかなか成功せず。(デモの面白さでもあります)

田中社長[APIは便利だ ということでTweetされてしまうので あと2分だけと言いつつ続行]

ZSHがない なら!!
#yum install zsh

しかし目的の新サーバを立てることはできず。

VPSのほうが 構成によっては安くなることもあるものの突然おそくなることえがある
サポートセンターに問い合わせると 制限をかけていた⇒ 制限を明確化したほうがいいのではないか?
という田中氏とサポセンの話があったとか

クラウドのほうなら その制限を明確化しているため
柔軟性と明確な規制となる模様

懇親会会場の地図も間違っているという罠に嵌りつつ
懇親会へ
2時間ほど 盛り上がって 表に出せない話が繰り広げられていました。