セロディ脆弱性を残したまま Appleが「QuickTime for Windows」のサポートを終了。 アンインストールしか道はない。

NO IMAGE

ながらく放置されているWindows向けのQuickTimeですが
ゼロディな脆弱性が修復されることなくサポートが終了されたようです。

ブラウザでのMP4再生など一部の用途でインストールせざるを得ないことが多かった
QuickTimeも アンインストールに伴い使えないアプリも出てくるおそれも

 AppleのWindows版QuickTimeで深刻な脆弱性が報告された。
だがAppleはサポートを終了して修正パッチを提供しないため、米セキュリティ機関US-CERTなどが直ちに利用を中止してアンインストールするようユーザーに促している。

Appeleでは、アンインストール方法を公開している
QuickTime 7 for Windows をアンインストールする – Apple サポート

Apple、「QuickTime for Windows」のサポートを終了、アンインストールを推奨 -INTERNET Watch

Windows版QuickTimeに深刻な脆弱性、直ちにアンインストールを – ITmedia エンタープライズ