Anker 40WUSB電源 分解レビュー!

Pocket

PowerIQテクノロジーというなぞの技術を搭載した

AK-71AN7105-B5Aですが

[amazon template=wishlist&chan=default&asin=B00GTGETFG]

 

負荷試験している際に、出力がされなくなったため ばらしてみました。

 

ばらせる構造には もともとなっていないようなので

工具を使用し 強行突破。

 

中身は簡単に取り出せましたが 復元はできそうにない。

安っぽい基板が出現

DSC06856

 

入力側の保護ヒューズは 3.15A

眼鏡コネクタの許容電流が3Aであることを考えると

あまり保護する気ないですね・・・・

DSC06857

 

100~240対応機器のため 400Vのコンデンサが使用されていましたが

一次側のコンデンサはこれだけでした

DSC06862

 

 

 

二次側コンデンサ群と 謎のレギュレータ

DSC06864

USBコネクタが折れているのは  開けるときに曲げてしまった・・・

 

肝心のUSB出力部分

+側は T1(D8と書いているので ダイオード?)を経由して そのままUSBの+端子へ

-側は R22を通過したものが ボディアースとともにわたっている

 

 

DSC06859

 

肝心の「PowerIQテクノロジー」のところですが

データ通信ピンからチップを経由して+.-側それぞれに端子が落ちており

マイナス側は 102の抵抗(1Kオーム)におちるようになっています。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です