AiSEG(MKN7321HE)を導入(設置)してみた。

AiSEG(MKN7321HE)を導入(設置)してみた。

入手したのは計測ユニットとAiSEGがセットになった

MKN7321HE

ヤフオクで11000円程度で入手。

定価の12万円ではさすがに補助金があったとしても(今年度はほぼない)高いわけですが

1万円程度ならという。

 

主幹用センサと子センサが8個。

 

CTはK/L表記ではなく 電源側・負荷側/ブレーカー側負荷側表記になっている。

 

 

 

エコパワーメーターつけてたスペースにつくかなとおもったもののサイズ的に無理でした。

 

カオス。

特定1-4は100A対応CT

特定5-8は30A対応CT

組み合わせを間違えると正しい値が出ない。

 

やはり、スマートにおさめるにはHEMS対応分電盤(全回路計測対応)を使うことは重要なようです。

AiSEG接続

AiSEGとペアリングしてWEBから設定ができるわけですが

AiSEG本体なぜかDHCP対応しているのに

末尾が216で固定される謎仕様のため

すでに自宅のネットワークで216が使用されていない必要がある。

DHCPとは・・・?

 

 

 

HA端子の接点もあるのでなにかつないで見る

エアコンの操作ができる(ただし、OFFのみ)

AiSEGでの通信に対応しているエアコンであれば

無線ユニットでつながるようですが

 

HA端子があったのでつないで見る。

 

4心

 

基板上刺さりそうな4心がない

配線図を眺めるとなぜか6ピンを4心に変換しているだと?!

無理やりつないでIFU経由でアダプタへ接続

機器状態のON/OFFの確認と

OFF操作が可能に。(3700円のIFUつけてまでの利点はなさそう。)