漏電遮断器すらないことの多い関西電力。古い住宅は分電盤の早期交換を。

NO IMAGE

ひさびさに大阪で大きな地震

地震のたびに話題になる復電火災。

 

関西電力管内では契約ブレーカーが存在しないため、

漏電遮断器が設置されていない場合リスクが増大します。

 

主幹のない分電盤

30年ほど前までに建築された物件だと

主幹ブレーカーが存在せず、漏電遮断器もない分電盤が一般的だったようです。

 

各回路の過電流保護はできるものの

おうち全体での保護はされません。

 

また分岐ブレーカーが漏電遮断器でない場合、漏電保護もありません。

 

最低限、漏電遮断器のついてるものに交換してほしいところですが

交換するついでに

雷、地震対策のできる分電盤に交換することをおすすめ。

 

感震ブレーカー搭載分電盤 地震あんしん ばん

震度5強以上の地震を検知した場合

疑似的に漏電状態を生成し主ブレーカーを遮断します。

特長

  • 通電火災対策に震度5強以上の地震で主幹ブレーカを自動OFFします。
  • 安全性情報をブザー音でお知らせ
    (ピー、ピー)地震波感知時
    (ピー、ピー)傾き感知時
    (ピピッ、ピピッ)交換時期お知らせ時(10年)
    (ピッ、ピッ)部品異常お知らせ時
  • 1Cモジュール、分岐回路どこでも取付可能
    分岐1回路分空きスペースがあれば上下段どちらにも取付できます。
  • 工具不要で施工性向上
    本体交換時、本体と擬似漏電出力線をコネクタで取り外せるので、工具を使用する必要がありません。

 

 

感震ブレーカー

すでにコンパクト21の分電盤を使用している場合

1スペース分を使用するだけで設置が可能

(前モデルは2スペースでしたが1スペースになったようです)

http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/denro/compact21/seismic_breaker/

感震ブレーカー

実売価格 12000円程度

コンパクト21専用感震ブレーカー BQX702 パナソニック

 

自治体によっては補助金も出るようです。

松原市感震ブレーカー設置補助金

感震ブレーカー補助制度について(串本町)

和歌山市感震ブレーカー設置補助金のお知らせ(条件付き)