ソフトバンク、固定電話との通話が繋がりにくい状態に。

ソフトバンク、固定電話との通話が繋がりにくい状態に。

固定電話サービスとの通話がご利用しづらい状況について(2月19日 午後2時現在) | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

原因は関東拠点の設備故障とのこと。

(発生日時)
2018年2月19日(月) 午前9時30分頃より

(影響のあるサービス)
固定電話との発着信において利用しづらい状況になっております。

(原因)
通信設備の故障による影響

9:30に発生した故障が

12時間程度経過した21:00でも

14:30 に発表された故障による影響という情報しかなく

ソフトバンクらしさがあらわれている。

 

固定電話との通話がしづらい状況――「ソフトバンク」「Y!mobile」で通信障害 – ITmedia Mobile

 

重大事故認定インシデント

ソフトバンクと言えば重大障害隠し

と言われた時代も過去の話、

12時間以上継続する障害となっているため

ごまかすには障害が3万人以下の影響だったということにするしかなさそう。

14時時点でも問題が解決していないため、今回のケースはかつて同社が他社の通信障害をあげつらった際に用いた重大事故の定義「影響利用者数3万人以上で、かつ2時間以上継続して発生したもの」に当てはまることになりそうです。
ソフトバンクの大規模な通信障害「重大事故」の定義に該当か – ライブドアニュース