フレッツの隠れた安定プロバイダ【moperaU】を使う方法。


 

フレッツが遅い?いいえISPの問題です。

フレッツ光回線が遅い?とお嘆きの人々が多いようですが

IPv6・IPoEでDL-Liteを使い抜けるよりも

おとなしくプロバイダ変更を検討してみてはいかがでしょう?

 

転用した回線の場合、PPPoEセッションが指定先以外つながらない?という話もありますが

そうでない場合は違約金のかかる既存ISPを放置したまま安価なISPを追加してみるというのも手なのです。

フレッツ回線が遅すぎる問題を IPv6/IPoE と DS-Lite で解決した – CUBE SUGAR CONTAINER
てくろぐ: IIJmioひかりの混雑の理由とバイパス手段(IPoE・DS-Lite対応)

 

数々のISPを転々としてきた

・固定IPがほしい

・混雑時間帯でも人権のあるインターネットがしたい。

 

ということでWithフレッツ時代からいろいろなISPを契約しては投げ捨ててきた主ですが

フレッツで楽天ブロードバンドが2セッション繋がってしまい、通信できない罠には…

強制解約となったOCN、違約金は不要だった。

IPv6IPoEのために契約した21IP(Freebit)があまりにも遅いので@niftyに乗り換え(作業中。)

 

 

現在使用しているのは

@niftyならびに楽天ブロードバンド

@niftyは高速なうえIPv6 IPoEに対応している。

楽天ブロードは安価かつVectant回線で半固定IP

 

契約難易度の高い【moperaU】

そこに追加したのはドコモのmoperaU

 

ドコモ光という光コラボサービスがありながら

その対象になっていない謎サービスである。

ドコモ光対応ISP(PDF)

 

まずフレッツでmoperaUを使うためには

ドコモでスマートフォン等の通信の契約が必要。

 

そのうえでSPモードだけではなくmoperaの契約が必要。

Uスタンダードプラン 月540円

データプランの場合 月216円のライトプランでも可能。

SPモードとセットで契約の場合 162円の割引が適用される。

 

moperaを契約したうえで

moperaUの契約を追加することになる。

moperaUの月額料金は540円

 

 

mopera Uでご利用可能な「Bフレッツ」、「フレッツ 光ネクスト」サービス

mopera Uでご利用可能な
フレッツ接続タイプ
NTT東日本 Bフレッツ ハイパーファミリータイプ
ニューファミリータイプ
マンションタイプ
フレッツ
光ネクスト
ファミリータイプ
マンションタイプ
ファミリー・ハイスピードタイプ
マンション・ハイスピードタイプ
ギガファミリー・スマートタイプ
ギガマンション・スマートタイプ
ファミリー・ギガラインタイプ
マンション・ギガラインタイプ
フレッツ
光ライト
ファミリータイプ
マンションタイプ
NTT西日本 Bフレッツ ファミリー100タイプ
フレッツ
光プレミアム
注意1
ファミリータイプ
マンションタイプ
フレッツ
光ネクスト
ファミリータイプ
マンションタイプ
ファミリー・ハイスピードタイプ
マンション・ハイスピードタイプ
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼
フレッツ
光ライト
ファミリータイプ
マンションタイプ

 

 

接続情報を手に入れるには

Moperaで接続されているスマートフォンから

「start.mopera.net」へ接続し

moperaの初期設定を行う際にMoperaUの申し込みができる。

 

ID並びにパスワードを見えるのは初回アクセスのみで

2回目からはパスワードが表示されず不明な場合変更する必要がある。

 

ID/パスワードが手に入ればあとはルーターに設定を入れるだけである、

 

 

 

Speedtest.net TSUKUBA鯖

ルーター RTX3000

 

まずまずの速度。

moperaUも半固定IPであるため

変動することを希望する場合にはお勧めできない。

 

追記:

22時台の測定結果


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です