QuickCharge2.0対応充電器から12Vを引き出す。その1

QuickCharge2.0対応充電器から12Vを引き出す。その1

QuickCharge2.0といえば 5V/9V/12を出力かのうな

高速充電の規格ですが

12Vがほしいデバイスに使うには小細工をする必要があります。

 

調べてみるとやっぱりやってる人がいるようで

参考元のサイトでは Arduinoを使用していろいろやっているようですが

手元になかったのであり合わせでなんとかしてみる。

参考:
Quick Charge 2.0 電源から 12V とる | tech – 氾濫原

目次

お作法

QuickCharge2.0はクアルコムが策定した規格であり

一応希望の電圧を出してもらうためのお作法があるようです。

D+, D- ラインに対し 0V, 0.6V, 3.3V の3値を使う。

D+ に 0.6V を 1.25s 間かける
D- を 1ms 間プルダウン
設定したい電圧に応じて D+ D- に電圧をかける

Quick Charge 2.0 の仕様 | tech – 氾濫原

うん・・・  めんどくさそう。

とりあえず 分圧して 0.6VをD+.D-にかければいいみたいなので
それっぽい回路を作ってみる。

 

テストしたQuickCharge2.0ACアダプタは Aukeyの PA-U28

PA-U28自体はディスコンになっているようで

Amazonで入手可能なのは QC3.0対応のPA-T13になりそう。

 

 

 

VCCからそのまま抵抗をつけるとQC2.0が発動した際、電圧が変わってしまうので

7803を使って3Vを作成しそれをもとに0.6Vを作る。

 

ほとんど電流は流れないので もっと小さいのでも問題ないきがする。

抵抗は転がっていた抵抗で
D+ 5.1KΩと10KΩ
D- 4.7KΩと10KΩ

 

 

一度D-を 0Vにしないといけないので
常時ONのプッシュスイッチを使い人力で対応することに。
DSC01217

5Vの状態で出力されても困るので12Vのリレーを装備

 
ついでにパイロットランプを取り付け。
DSC01214

DSC01221

 

 

D+ D- ほぼ0.6V状態から

984e6b04689813034ce179027ee5408e

 

D-を0Vにして

7c9779bb61f0e4665c193d12232eb258

 

D-を0.6Vにもどすと

 

12Vが発生

92a6de767ffccd2a178d6507b3ba897c

12Vが出力されることまでは確認できたのであとは目的のデバイスが届いてからということに。

 

9Vがほしい場合はもう少しややこしいみたい
Quick Charge 2.0 電源から 9V をとる (任意の電圧をとる) | tech – 氾濫原