Planex ハイパワー11n モバイルルーター CQW-MRB  分解してみた

NO IMAGE

!WARNING!
分解するとメーカー保障が受けれなくなります。

まねすることはないとは思いますが 重々承知の上ご覧ください。

バッテリーカバー をはずしたとこにある4本のねじをはずすだけで

簡単に開きます
DSC04133.JPG
バッテリー側に放熱板がついてて グリスがついているのが少し厄介ですが 
接着タイプではないので問題なし
DSC04134.JPG
安っぽい・・・


DSC04136.JPG

基盤は2枚をコンタクトピンで
つないでいる構造でした。
メモリチップ?
DSC04139.JPG
一番の発熱元
DSC04140.JPG
アンテナと
シルク印刷
アンテナ小さすぎるだろJK・・・
DSC04141.JPG
CPUと思わしきもの
カバーをはずそうとしましたが
半田で固定されていたため放置。
DSC04143.JPG
なんかコンソールを取り出してください
といわんばかりのパターンがあります
ここはまぁ詳しい方々が解析してくれるのを待ちます
DSC04144.JPG
ネットワークチップの裏
メモリと何かチップ
放熱板に隠れてなんだかわかりません
DSC04146.JPG
ネットワークトランス
VIAカードでよく見るやつですですかね
DSC04148.JPG
JPの裏側
USBminiBのコネクタを眺めていたら
充電の不思議が判明しました。
DSC04150.JPG
これは市販のminiBメスがついてる
変換基盤
GNDの前の4番はN/C
です。
DSC04152.JPG
これがCQW-MRBのminiBコネクタ
ちょっとわかりにくいかもしれませんが
4番から出てきたパターンが 
1番からでてるのと同じように チップヒューズへと入っています
無通電状態で 付属のACアダプタをさしたところ
1と4で導通が出ました
まだ実証実験はしていませんがおそらく 
本来N/Cである4番に 5Vが乗っていて その電圧で バッテリーがない場合でも稼動できるようになっているようです・・・
こんな面倒な仕様にしないでほしい・・・・・